人気ブログランキング |

ひよこ豆のカレー

 9月16日
 隣町のギテン坊主くんからひよこ豆のカレーと野菜カレーが届いた。この坊さんは料理がうまい。それに、私の食の好みを覚えていてくれるからくすぐられる。良く寿司屋に行って、「じゃあ次は...」などと言わなくても「コハダいっとくかい?」なーんて言われるのもくすぐられるけど、同じだな。
 きっといつだったかひよこ豆が大好きでスーパーで探すけど田舎で売ってないねーなどと話をしたんだろう。この前はどっさりと、取れたてのナスに茗荷にオクラにかぼちゃにシシトウを持って来てくれた時「これは買ったんですけど」と言ってひよこ豆を持って来てくれた。
 久し振りのひよこ豆「そろそろお水で戻してサラダで食べよう」と思っていた矢先のカレーだった。2種類あるカレー、私だけだったら両方のカレ-をパクパク食べちゃう所だけど、流石品のいいだぁりんはそんな事はしない。「どっちか1つ」と言うから「そりゃあやっぱりひよこ豆の方でしょう」と言い、今夜の夕食はひよこ豆のカレーだった。これが又売り物みたいにおいしい。しかも、サフランライスまで炊いてくれるんだから只者じゃない。しかもしかも、おこげが出来ていてこれがこうばしくてめちゃうま!だぁりんの隙を狙い野菜カレーを試食するも又これもうまい!言うこと無し!明日の昼食が楽しみ!
 料理班、班員があと6人いたら料理しなくていいのになぁ...
 
# by hinihiniaji | 2004-09-16 22:14 |

人生楽ありゃ苦もあるさ

 先日、飯田の温泉湯里湖で水戸黄門をちらっと見た。家には電波が通ってないので久々のテレビだった。クライマックスで角さんが葵の紋所で、へへー

9月10日

 明日は東京入り。JR東海の会員になって、新幹線のチケットがとても取り易くなった。さてと、チケットの確認をしてみると、「エクスプレス予約」したはずなのに、帰りのチケットが予約されていない。はてな?パソコンで確認をしてみたら、なんと!なんとバカな...
 9日のチケットが予約されていた。先なら変更がきいただろうが、もう済んでしまった日にちだから、所謂パァー?って事?JRに寄付してしまいました。
 こんなに自分が機械を操れない事にがっかりした事はない。
 さっき、きちんと日にちの確認をして、もう一度予約をした...はー、本当に何をしているんだか!
# by hinihiniaji | 2004-09-10 23:02 | 生活

いい日!

 今日は9月8日!

 とってもいい日だったなぁ!
飯田の湯里湖という温泉まで母と祖母と息子と行って来た。行く途中母が孫の為にりんごを買いたいと言うので寄り道をした。さわやかに甘いりんごを試食させて貰い、母がりんごを買ってくれた。(いい事その1.おまけにくずりんごだからといって1袋りんごやなしやゴーヤを貰う)「食べられる様になったらおばちゃんがもっといいりんごをあげるからねー」とお店の方が息子に言った。「じゃあ又来ようね~」と言って温泉に向かった。
 湯里湖という温泉は源泉で、医療泉といって、湯治が出来る設備がある。とても体にいいので、赤ちゃんでも大丈夫だし、アトピーにいいと評判。ちょっと卵の様な味がするけど、飲むと尚更いい。名物の講釈師がいて(社長)温泉の入り方から男女の事、世界情勢まで講釈してくれるのも楽しみ?の1つだ。前に行った時は友人が「この人は講談師ですよ」と言ったら「あれー、恥ずかしい」と言って、帰りにトマトをくれた。今日も外でつかまり講釈を受けたが、自分の身を明かさなかったから何も貰えなかった。でも、この温泉は2リットルまでただで温泉を持って帰っていいそうで、来ていたお客さんが2リットルのペットボトルをくれた。(いい事その2)
 ゆっくり浸かって飯田市街へ出て、駅近くにあるモモちゃんの店に行った。ここはとってもおいしい季節の物を出してくれる創作料理の店で、一品一品モモちゃんが講釈してくれる。この講釈は料理の勉強になる。着いた途端、臭い!(いい事その3.4日ぶりに息子のウンチが出た)
 今日のメニューは、かぼちゃの胡麻和え、にらの酢味噌、白ナスの天麩羅に松茸のフライ、畑しめじ、きのこ汁などきのこ尽くし、最後はきのことサトイモの粥、あー本当においしかたぜベイベ!ベイベはまだ食べられないけど、食べたそうに見ていた!
帰りに、白ナスと紅玉と言うりんごと20世紀と言うなしを貰う。(いい事その4)
 そんないい日。
# by hinihiniaji | 2004-09-09 00:10 | 生活

東海大地震

 9月5日夜
 なんだか大きな地震があったらしい。息子をお風呂に入れている時だから7時台だったかな。調度遊びに来ていた母が「だいじかい?(栃木弁で大丈夫かいの事)」と言って来たので、「何?」と言うと、地震の最中で、なんでも母も一緒に来ていた祖母も、あたふたしていたらしい。主人は作陶中で、大事な作品たちは地震で倒れないかとうろうろしていたと言う。
 こちらは、いたってのんきで、「お風呂は楽しいねー」と、パシャパシャ遊んでいた。まったく地震に気づかなかったから、怖さを感じなかった。
 お風呂から出て着替えもそこそこで電話が鳴った。従兄弟のたかしだ!実家が石材店の為、愛知県の岡崎に修業に来ている。「東海地震かと思ってマジびっくりしたよー」二十歳ながらこの秋には盛岡の石細工の全国大会に愛知県代表として出る事が決まっていて、金メダルを狙っている。去年は3位だったので、狙える位置にいるらしく、毎日そのことで頭がいっぱいなのだ。優勝すれば世界大会のあるヨーロッパに連れて行ってもらえると、夢にまでうなされる精神状態だから、震度4の地震に超ドッキンドッキンで、宇都宮よりは近い所にいる私の所に電話をし、なんとなーくホッとしたかったのかなと思う。
 「ねぇたかし、判んないよー続けて東海大地震になるかもしれないし、この電話が最後かもしれないから、遺言聞いておくよー」と言うと、うーんと考えて、
「飛騨牛が食べたい」
 なんじゃそりゃ!判った判った、近所には東濃牧場もあるし、囲炉裏で食べさせてくれる山荘もあるし、なんだったら、肉を買ってきて家で炭おこしたっていいんだから、10月の大会が終わって金メダルとって、そのお祝いに飛騨牛ご馳走しましょ!
 頑張っている子を見るとなんでもしてあげたくなっちゃうんだよなー!
# by hinihiniaji | 2004-09-05 23:09 | 生活