人気ブログランキング | 話題のタグを見る

講談会のお知らせ

浅草で久々の講談会です。
講談の後は、秋の夜長を昌味と共に愉快に過ごしましょう!


講談 神田昌味 秋の怪談話
9月22日(火)
17:00開場
17:30~講談会
18:30~お食事会
21:00お開き

お食事つき飲み放題
お一人様5000円
要予約ですのでお願いします。

ところ:笑ひめ 台東区浅草4-8-2
*浅草寺病院の門を背中にして、真っ正面に見えるちょうちんのあるお店です。

問い合わせ:0338713482
又は昌味まで!
# by hinihiniaji | 2015-09-03 10:41

6月スケジュール

特に20日は昌味がトリを務めます。いわゆる主任です。
是非お運び頂きたいです。

「講談広小路亭」
6月18日(木)開場11:30 開演12:00
木戸銭:前売り1500円 当日2000円 シルバー(60歳以上)1500円 中学生まで1000円
場所:お江戸上野広小路亭(03-3833-1789)
出演:昌味他


「しのばず寄席」
6月19日(金)開場11:30 開演12:00
木戸銭:前売り1500円 当日2000円 シルバー(60歳以上)1500円 中学生まで1000円
場所:お江戸上野広小路亭(03-3833-1789)
出演:喜太郎、寸志、神楽、トリプルパンチ、遊吉、昌味、コント青年団、鳳楽


「日本講談協会定席」
6月20日(土)
開場12:00 開演12:50
木戸銭:前売り2000円 
当日2500円 
場所:お江戸上野広小路亭(03-3833-1789)
出演:みのり、紅佳、蘭、紅葉、愛山、陽子、昌味


↓じきじゅ和尚の番組「みち草ラヂオ」での記念撮影!
6月スケジュール_b0008478_182011.jpg

# by hinihiniaji | 2015-06-04 01:09 | スケジュール

ラジオ番組に出演します

FMららに出演します〜

宮地直樹和尚の番組
「みち草ラヂオ」
毎週金曜日の15時からの番組ですが、
明日15:20から15:40までの登場です。

ラジオでは可児市、御嵩町、美濃加茂市がエリアです。それ以外の地域の方は、スマホやインターネットで、サイマル放送でお楽しみ下さい。
http://fm768.jp/app.htmlから、アプリをダウンロードしてお聴き下さ〜い。
# by hinihiniaji | 2015-05-07 11:06

2014年12月スケジュール

2014年12月

「講談広小路亭」
12月18日(木)開場11:30 開演12:00
木戸銭:前売り1500円 当日2000円 シルバー(60歳以上)1500円 中学生まで1000円
場所:お江戸上野広小路亭(03-3833-1789)
出演:昌味他


「日本講談協会定席」
12月19日(金)、20日(土) 開場12:00 開演12:30
木戸銭:前売り2000円 当日2500円 
場所:お江戸上野広小路亭(03-3833-1789)
出演:昌味他


「第25回 まちかど遊芸サロン講談会」
12月23日(火) 開場13:30 開演14:00
木戸銭:1000円 (1ドリンク付) 
場所:下野新聞 NEWS CAFE (028-637-8111)
    オリオンスクエア隣 宇都宮市江野町8-12
出演:昌味「宇都宮釣天井」 解説/清水一朗


「氏家教会クリスマス講談会」
12月23日(火) 17:00~キャンドルライトサービス
           講談17:40~
木戸銭:無料 
場所:栃木県氏家市 氏家教会(028-682-9006)
出演:昌味「くつ屋のマルチン」


2014年12月スケジュール_b0008478_13133931.jpg

# by hinihiniaji | 2014-11-05 13:13 | スケジュール

おすすめの一冊

おすすめの一冊_b0008478_1058737.jpg

私が本の紹介をするなんて、茜お姉さんの小説くらいで、なかなか無い事ですが、今回はこの一冊をご紹介。
ちなみに茜お姉さんは、来月講談社から新刊が発売されます。

こんな私が、楽しく読まさせて頂いている、グスコー出版から今年出た「遠くの空に消えたのさ」という堀井六郎さまの、私的昭和大衆歌謡考です。

六郎氏の昭和歌謡に対する愛情あふれる考察が実に楽しい。えーっ、こんなに歌が好きだったのぉ?と、氏と親しくさせて頂いている私としては、ニヤニヤ、ワクワクな読書タイムとなっています。

六郎氏の子供時代の昭和が織り交ぜられ、ユーモアあり、めちゃくちゃ強い思い入れありで、たくさんの歌が紹介されていますが、知っている歌は、うんうんそうそう。知らない歌は、うわー聞いてみたい。六郎さんちに乗り込もうか、などと思ったり。

いやいや、お宅に遊びに行った事は無いのですが。

特に歌が好き、フォークが好き、演歌が好きと思わなかった子供時代。それでも、昭和という時代は、たくさんの耳に心地よい歌が流れていました。

この本を読むと、子供時代の思い出が、現れます。

父が八代亜紀を好きだったという記憶。そして、妙に前川清や森進一の歌声が耳に残ったり、オンタイムでは知らないフィンガー5を口ずさんだり、私に相当の影響力を与えていたんですね、テレビは。
そういうお茶の間の思い出が現れるのです。

それに、この講談界に入り、ご縁あって、作詞家の野村耕三先生に出会い、可愛がって頂いたご縁がご縁を生んで、たくさんの音楽業界の、先生方にお会いしました。

懐メロのメッカみたいに言われていた、古いレコードをたくさん収集しているマスターのいる中野坂上の艶歌にも良く行きました。

みんなみんな懐かしい思い出と共に、この本を読ませて頂いています。

楽しいです。是非皆様お手に取って下さいねっ!
# by hinihiniaji | 2014-10-28 10:58