人気ブログランキング | 話題のタグを見る

土鍋三昧の日々

土鍋三昧の日々_b0008478_12554082.jpg


さぁて、主人と子供達が出掛けたので、好きな物を好きなように頂きましょう。

毎日使いこなしている「つち鍋」と言う名前の土鍋。小川哲央の作品です。
私は3年位前までは、アサヒ軽金属の大ファンで、圧力鍋で時短料理ばかりを作っていました。ご飯を炊くのもカレーを作るのも、うどんもパスタも、さつまいもを蒸すのも、なーんでも。

でも、主人が土鍋を作った事により、その味比べをした所、何を作っても土鍋には叶いません。
美味しいのです。素材がより生かさせる感じ。

まぁそんな訳で、写真のように、土鍋を2つと陶板をフルに使い、お料理。

まずは、あんこを炊こうと思いやり始める。と、お赤飯がたべたくなった。小豆つながりね!
そうなったら、昔衝撃的だったお料理、カボチャと小豆のいとこ煮を作ろうと思い立ち、カボチャを蒸す。
赤坂のお料理屋さんで初めて頂いた時、カボチャと小豆?とあまりに見慣れた素材がこういう料理になるの?しかも美味しい〜と驚きました。

そう言う訳で、料理が次々連鎖され、ごま塩を炒り、一件落着。

お赤飯は中火にかけて、13分位火にかけ余熱10分で出来上がり。
カボチャはうすく水をはり、沸騰したら火を止める。余熱でOK!

余熱調理が出来るので、節約も出来て、以外に面倒では無いですよぉ〜。

つち鍋
http://item.rakuten.co.jp/ogawagama/10000159/
# by hinihiniaji | 2017-09-05 12:55

つるおかの恋人

つるおかの恋人_b0008478_0281284.jpg

すっかり忘れていた。
私には東京に行く時用のバッグがあって、その中にしまい忘れていたこの「つるおかの恋人」と言うアーモンドクッキー。
東北新幹線の中で鶴岡帰りの女の子、ひかるちゃんから頂いたお菓子だ。ひかるちゃん、いや、ひかりちゃんだったかもしれない。

思えば15年以上前、恵那に遊びに来ての帰り、じっきー和尚から宿題が出された。「電車の中で誰かに声をかけ話をする事」
この宿題、レポートを提出する事もなかったので、ペケにはならなかったけど、私は結局、誰にも話しかけられなかった。
ふう〜新宿に着いてしまった時の罪悪感。この話はなかった事としようと言い聞かせる。

人見知りなので自分から声をかける事はなかなか出来ない。神田昌味という講談師をかぶっていると、まぁ出来るようになったけど。
でも、声をかけられると水を得た魚のように喋り出す。

宇都宮から東京までのわずか40分位の身の上話。
こういう時に赤ちゃんがいると、声をかけられやすい。かわいいですね〜から始まり、
私、子供を産む自信が無いんですとの告白から、お母さんの話、生い立ちの話。

その私の答えは自然分娩の出産話と出産から得た思いの数々。

一体何人子供さんがいるんですか?との質問。そうであろうそうであろう。何人??であろう。

そんなこんなであっという間のひとときを過ごし、お話して下さったお礼にと頂いたお菓子。

40分の講演料(^_−)−☆つるおかの恋人。

私が何者で、どこに住んでてとも聞かれなかったので、もう会う事はないだろう。せめて、ここに記し、良い思い出としよう。いつしか彼女が結婚と向き合い、やがて、子を育てる事は苦しいばかりではないんだと、身をもって育ててくれた母の心情に気付く事を願って!
# by hinihiniaji | 2017-06-25 00:28

中津川市での講談会

中津川市での講談会_b0008478_9472674.jpg

古民家を改装されてカフェをやってらっしゃる所、この恵那市近辺でも何ヶ所もありますね〜

我が家から1番近いのは「がらん」という名古屋のコーヒー豆専門店のご夫妻が日曜日だけオープンする喫茶店ですが、親しくさせて頂いでいますし、ご夫妻の雰囲気でほっこり和む場所です。

最近行ったのは、「神谷家」という書家の方がやられている喫茶店。中津川市の阿木にあり、こちらは景観が素晴らしい。
池があって、ナント筏に乗ってコーヒーが飲めます。

さてさて、このチラシの中津川市苗木にある「左中」さん。
まだお邪魔した事が無く、講談会までに一度行ってみたいなぁ〜と思っています。ワクワクします。

お近くの方是非ご予約の上、お越し下さいねっ!
# by hinihiniaji | 2017-06-01 09:47

2017年も宜しくお願いします!

2017年も宜しくお願いします!_b0008478_09030666.jpg
2017年も宜しくお願いします!_b0008478_09184807.jpg
 すっかり年が明けて、皆様は通常モードでしょうか?
今年の昌味は、ゆっくり目のスタートです。今年も頑張らせていただきます。
 お仕事くださ~~い。宜しくお願い致します。

 パソコンで、楽天市場のポイント稼ぎ、「楽天ウェブ検索利用でポイント+0.5倍」をコツコツとしていたところ、神田昌味を検索すると、懐かしい神立商工会でのお仕事の様子が写真でアップされていましたので、載せさせていただきます。鎌倉~の列車の中でのゆらゆら揺れながらの講談会です。この日は、忠臣蔵名場面集!楽しかったなぁ!

だいぶ前ですが、気が付くのがエラク遅いですが(;^ω^)

落語家は三遊亭 小笑さん、太神楽は鏡味 初音さんです。


# by hinihiniaji | 2017-01-18 09:16 | 講談

妙興寺にて

妙興寺にて_b0008478_22543785.jpg

芸術家にとっても、芸人にとっても応援して下さる方はなくてはならない存在ですが、陶芸家である主人を長年応援して下さっている一宮市にある妙興寺のご住職。
いっぺんお寺で講談をとお話を頂きながらも、子供が小さいからと遠慮され実現しませんでしたが、ついにお声をかけて頂き、一席やって参りました。

ところが、本当に小さな子連れでお邪魔するという運びになってしまいましたが、温かく迎えて下さいました。

いつもは私はおまけですが、今回はメイン。主人は運転手兼子守り。(*^_^*)

お茶の美味しい事。お菓子の季節感あふれる事。これまた美味しい事。河合寛次郎やら荒川豊蔵といった人間国宝のお茶碗を拝見し、優雅なひととき。

通って行く一部屋には、主人が作った観音様。この部屋はご住職のお気に入りの物しか置かないそうで、有難い事です。

講談をした本堂のバックには、白隠禅師のお描きになった八幅の掛け軸。来年が、生誕250年の記念の年だそうで、あら〜知らなかった〜
こりゃ慌てるように白隠禅師の講談仕込まないと。などと思ってご住職の話を伺う。

講談が終わると、ハッとする、うん、息を飲むような精進料理。どれを頂いても美味しい。
栗ご飯かと思ったら銀杏ご飯。こんなにたくさん入っているのに、くどくない。灰汁もない。丁寧なお料理をされているんだろうな。胡麻豆腐も美味しい、煮物も美味しい。大根の酢の物さっぱり柚子で美味しい。白和え冬瓜お汁、たくあんまで絶品。

「はんとじゅうのおかわり如何ですか?」と雲水さん。
さっぱりしていていいなぁ。飯と汁がはんとじゅう。いいなぁ。講談で使いたい。
ここで修行をされている雲水さん、確か30人位いるんだったかな?
おかわりしたかったのに、主人がけっこうですって言っちゃって(ー ー;)ガッカリ。ちょうど息子におっぱいをあげていて、タイミング悪く、私まだ食べてなかった。あと15分後に来て下さいって言えば良かったと、今でも悔やまれる。

主人曰く「えーおかわりしたかったの?」授乳中の私の食欲知ってるくせにさぁ。
あぁ本当に美味しかった。

またお邪魔したい一宮市の妙興寺での有難い一日をここに記す。
# by hinihiniaji | 2016-11-03 22:54