CBC

b0008478_12194748.jpg

b0008478_1219477.jpg

b0008478_12194747.jpg

2月の末にCBCテレビが我が家にやって来ました。
ゴゴスマという情報番組で午後1:55〜3:50
の中の「僕どうしたらいいんですか?」というコーナーでした。

突然やって来て、もうホントびっくりしました。

柳原聖くんというお笑い芸人が山岡町を旅しているのですが(ー ー;)突然来るのはウェルカムですが、テレビカメラは回さないで欲しいよぉ〜。

私、お風呂上がりだったのです。きれいにしている暇がありません。まぁいつもの私が撮られてしまいました。

最近の私はFacebookにて昌味の今を載せていますので、ブログが手薄ですみません。m(__)m


子供たちの料理も撮られましたが、インパクトのあった長男がたくさん映っていました。

講談も即興でやったり、やらせたり。

我が家にお泊りになった聖くんは、哲央さんのお手伝いの薪割りもはぁはぁ頑張っていました。

観たくもあり、観たくないような気もする私でしたが、オンタイムで観たり、見逃した分を、聖くんに我が家を紹介したじきじゅ和尚の所で観たり。

ごめんなさい。放映は終わっています。

しかしながら、芸人はこんなに迷惑をかけて生きているのだなぁとつくづく思う今日この頃この頃。
[PR]
# by hinihiniaji | 2014-03-15 12:19

-

b0008478_175323.jpg

iPhoneいじって皆様のFacebook見てると、すっかり降りる駅を乗り過ごしてしまうこと2度3度。
懲りません。

たどり着いたマキネスティコーヒーは、京葉道路沿い、両国と錦糸町の間にあります。

両国は、お江戸両国亭もあるし、国技館、うなぎの両国、ねずみ小僧次郎吉のお墓もあるし、なんと言っても吉良邸があった本所松坂町がある所。

何度となく訪れたり、講談師と歩く散歩ラリーでご案内した所。

両国は慣れているので、今日は錦糸町で降りて行く事にしました。

お天気ぽっかぽかでお散歩日和。

ところが、営業時間があることを考えず向かったので、12時開店なのに、11時前に到着してしまいました。とほほ〜

お天気も良かったので、どこかで待とうっと思ったら、調度近くに公園があって、又々iPhone片手にいじっておりました。

仕事をしたり、Facebook見たり、時間というのは過ぎるものですね。

お店は倉庫をむき出しに使ってある感じで、音楽に事は分かりませんが、なんとなくアメリカンな曲が流れ、いろいろな種類のイスが楽しめるので、何回も来なくちゃと思ってしまう。

お店の方にいろいろお聞きして選んだのがコレ。

パナマブーケクラシコ
ココナッツパイ

ちょっと甘めで、豆の味を感じるのコーヒーと生クリームたっぷりのココナッツパイ。甘いものと苦目のコーヒーはたまらない取り合わせですね。

今日の私のお昼ご飯です\(^o^)/
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-11-23 17:05

明後日講談会

b0008478_2211302.jpg

寒くなりましたが、お元気ですか?
私は元気でやっております。

なんだがギリギリなお知らせですみません。(汗)

昌味の講談会をお友達のお店で初開催します。

日本でも数少ない自家醸造ビールが楽しめる所です。

お時間ございましたらお運び下さい。

11月20日19時〜
21時まで飲み放題で4500円
ブルーパブパンゲア
品川区小山7-16-3
03 3782 7699

最寄り駅は東急目黒線洗足駅

詳しくはFacebookのイベントページで。
https://www.facebook.com/events/1412797328952117/

昌味( ^_^)/~~~


写真の意味するところは?というと、来てねっ、来てねっ、来てねっ、来てねっ、来てねっ、来てねっ!

みたいな雰囲気で〜
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-11-18 22:11

臨川寺講談会

b0008478_108394.jpg

関市にあるお寺、臨川寺講談会ご報告。無事に努めさせて頂きました。
ありがとうございました。

ご住職やお庫裏様、警備担当りんちゃん、接待担当せんちゃんがお出迎え。

歴史のあるお寺をなんとか皆さんにご紹介したい、人の集まるお寺にしたいとの思いで、開催に至りました。

人のご縁という物は、有難いもので、琵琶奏者の田中旭泉さんが仏具屋さんの開成堂さんに紹介して下さり、縁の下の力持ちとなった開成堂さんのお蔭で実を結び、今回の講談会となりました。本当にうれしいですね。

初めての講談会というご心配がお寺さんにはあったようです。仕方ないですね。どんな人?どんな話なの?どんな講談?明るいか?暗いか?分かり易いか?難しいか?初めてだしなぁ。

無理もありません。

何度も分かり易い物をとのお話がありましたが、こちとら芸人だって、初めての所は初めてなりの思いを持ってお邪魔しますので、どうかご安心して呼んで頂きたいと切に思いました。

五代将軍綱吉公や生母桂昌院様に所縁のあるお寺と分かり、それなら桂昌院の話とも思ったのですが、もうちょっと臨川寺さんのご住職と綱吉公や桂昌院の関係を教えていただき、講談の中に取り入れて次回なんて機会があったら、また、何かの良い機会にお呼びがかかったら、その時には是非ご披露したいなぁと思いました。

今回は絵本の読み聞かせと絵本を講談にしたらどう違うかバージョンと、秋らしい話をして来ました。

皆様、岐阜県関市は刃物の町で有名ですが、足を伸ばして、是非臨川寺に行かれてみてくださいねっ!

めざましテレビに3回も出演している、ワンチャンネコチャンがじゃれあっている所が見られるかもしれません。

それから、国宝となっている仏像が只今貸し出し中との事で、東京ミッドタウンにあるサントリー美術館で拝めます。
私も調度上京予定なので、拝んで来ようと思っています。誰かご一緒します??

11月23日から1月13日
平等院鳳凰堂平成修理完成記念「天上の舞飛天の美」
サントリー美術館
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-10-22 10:08

3週間

b0008478_16224696.jpg

やっぱり主人はイクメンだった。
9月から10月にかけて、窯作りの仕事を依頼され、3週間の出張から帰って来た主人。
サポーターもほとんどいない過酷な重労働で、すっかり痩せてしまった。手の指や足の裏まで全身筋肉痛だそう。
自分のブログではあまり弱音を吐かないから、代わりに記録だ。
3週間休み無し。朝5時から夜6時まで。女性の窯主さんと二人での作業。
すぐに血尿が出たという。足にも痛々しいキズがあった。
この人は、陶芸学校の先生に「人の5人分の働きをする」と言われた男だ。毎日精一杯の力を出して働く事がモットーだ。それは、小さな頃に出会って死んで行った友達の分も生きようと思っているからだという。
一日だけレンガ運びを手伝ってくれた方は、翌日体が動かず会社を休んでしまったそうです
テツオウペースは超能力かと思う位 の早さで仕事をこなします。
だから、「普通の人の日当ではやってらんないよ。トータルでいくらの契約をしなきゃ」と私。

世のため人のためのテツオウ美学だから、そうは言っても通用しないんだけどね。

主人が留守の間に保育園の運動会がありました。
誰の手助けもないので、私は気合を入れて4時前に起きました。息子9歳が、
「明日は何時に起きるの?」
と聞くから
「4時かな」
と答えましたが、まさかホントに4時に起きるとは思いませんでした。

最近覚えた厚焼き玉子を上手に作ってくれました。妹の運動会で兄が厚焼き玉子を作る、なんと美しい話。
食いしん坊で料理好きな息子。
我が家はたくましく生き抜くための子育てをしています。
2歳半を過ぎると包丁を持たせます。これが大人の包丁です。
今2歳10ヶ月の息子は、包丁使いが上手になり、キュウリを輪切りにして漬け物を作ります。
これがちょうど良い大きさで、美味しくいただきました。

ワァワァと驚かず、興味を持った時に挑戦させると、親もビックリの成長がみられるのかもしれませんねっ!

そんな訳で、子供達が協力してくれて、無事に過ごし、運動会も楽しく、だけど長かった3週間が過ぎました。

どれだけ普段イクメン主人に助けられているかがよーく分かりました。
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-10-10 16:22

涙のお線香

b0008478_1543923.jpg


 昨日は、私の大好きな尊敬してやまない齋藤宗厚(そうこう)先生の告別式だった。
私は、恵那の地にいて、亡くなられたのを知った時、すぐにでも飛んで行きたい気持ちになった。

宗厚先生は東京の成城学園で茶懐石料理「一宮庵」(いっくあん)主宰されていた。まだ私が真打に上がる前にイベントで出会い、親しくさせていただいた。講談会を開いて下さったり、ご飯を食べさせていただいたり、一緒に海外へも行った。

私が結婚してからは、仕事で上京した際、良く泊まらせて頂いた。親連れ子連れで泊まらせて頂き、東京で仕事の経費削減を応援してくれた。そんなたくさんの優しさにあふれている宗厚先生が、この世から去ってしまったんだ。

今までの思い出をずっと思い出しては涙しています。
ええっなんで?どうして?こんなに早く死んじゃうの?

まだまだ教えて頂きたい事、お稽古していただきたい事、山ほどあったのに、本当に残念でなりません。

山梨へ窯作りに行って留守の主人に相談し、「告別式になら行ってもいいよ」と、了解を得られ、子供たちにも、ご飯の事、支度の事、いろいろ段取りさせて上京しようと思った矢先、あっけなく行けなくなってしまった。

主の留守の為、、我が家に助っ人に来てくれてる主人の父が、「親戚でもないのに行くのはおかしい」と言ってきたのだ。

旦那が留守、子供が4人。この状態で、急に両親に任せて行くとお願いし決断した私の心が、どんなにことを物語っているか。父は、当たり前の事を言って来た。

お香典をおくればいい、電報を打てばいい、東京に行ったときに線香をあげればいい。
そんなこと百も承知だ。

義理人情で生きてきた神田昌味だ。空間だ。宗厚先生がそこにいるその空間にいたかったのだ。

「子供を4人もみられない」そう言い放つ父に、初めて言い返してしまった。
これまでの10年間、私が仕事、主人が仕事で留守、夫婦二人で留守と、様々な時に、子供の面倒を見てくれた父だけに、父がいれば大丈夫と思ってた私がいた。

あぁそうか、私が身内でもない人の葬式に行くのが気に入らないのか。
そう感じた私は、もういいと思い、新幹線をキャンセルした。

行けないと分かったら、いままでこらえていたものが、爆発してしまった。
息子が昼寝をした後、一人声をころしながら泣いてしまった。
ご家族は、泣かずに看病していただろうに。
なんのお手伝いも出来なかった・・・
本当に悔いばかり。

昨日は、上矢作町にある円頂寺に行って来た。
我が家にはいたくなかったのが本音。
それに、いつもご馳走を届けて下さるので、タッパーがたくさん溜まってしまったからだ。
お返しに上がってきたら、事情を知ったご住職が、立派なお線香をあげさせてくれた。

先生を思い合掌した。
友に感謝。

京都生まれの宗厚先生。 9歳のとき、映画監督の斎藤寅次郎に見出され映画出演のため上京。
斎藤寅次郎監督は、「男は‎つらいよ」で有名なフーテンの寅さんのモデルとなった方だ。
食べることの大切さや楽しさを教えて下さり、昔ながらお茶の世界を斬新なアイディアで工夫された先生。

いっつも前向きに教えて下さった先生。

感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-10-04 15:56

秋の花

b0008478_10232659.jpg


彼岸花はどうして葉っぱがないのかな?
すーっと姿勢正しく空に向かって
真っ赤な色で訴える
お彼岸ですってば
お彼岸ですってば
はい分かりました
ご先祖さまありがとう

コスモスは秋の桜
畑一面に咲く色とりどりの秋桜
秋風がさわやかになりましたわ
お天道さまも優しく照らしますわ
そんな秋桜の声で私に話す

黄色の秋桜は柳葉コスモス
葉っぱが柳の形に似てるから
山岡町と姉妹都市になった新潟県安塚町から苗を貰ったおばあが
丹精こめて真心こめて
せっせと苗を増やしたんだって
私はハサミで切って飾るだけ
ありがたい恵を頂いて
心豊かな人と人のつながりを思う
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-09-29 10:23

花のある暮らし

b0008478_35641.jpg


4番目の子供が2歳半になって、少し余裕が出て来ました。

器がいっぱいある我が家なので、生けないのはもったいない。玄関にトイレにミニギャラリーにと、花を生けています。

まぁ私のは、ただ思うままに挿してるだけだけど。

花って楽しいねっ!この花なんて、つぼみがまるでひも付きイチゴ飴みたいになっていて、咲いてはしぼみ、次のが咲いてはしぼみ、その連鎖がいつまで続くのかぁ。いっぱいだぁ。

コレみんな近所の花畑です。しょっ中お邪魔しては、花を頂いて帰ります。時には根っこごと頂き、我が家に植える事もします。

朝、保育園児をバス停まで見送ると、ここに来て、あぁ幸せだなぁ、綺麗だぁ、いいなぁ、神様の贈り物だなぁ、つぶやきながらお散歩します。

息子はここのおじいが大好きで、おじいと一緒に鯉にえさをやったり、畑の恵みを収穫したりすると、さっさと家に上がり込んでしまいます。

私はその間、のんびり花を愛でると言うワケです。

お花屋さんになりたいです。そんな夢も昔みました。
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-07-07 03:05

これから仏前結婚式

b0008478_9332057.jpg

初めての仏前結婚式の司会が後1時間位で始まります。

私が恵那に来るきっかけを作ってくれたのんちゃんのお式です。

緊張でお腹が痛い〜

紛らわす為に携帯をいじってる私。

ガンバルよぉ〜
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-06-15 09:33

布おむつとさよなら

b0008478_1413547.jpg


 100枚位あった布おむつと別れる時が来た。

 昔ながらの布おむつは、赤ちゃんの肌に優しいし、濡れているのが子供にも分かって、おむつを取るのがスムーズに行く。自然な子育てにこだわって、昔ながらのおむつを使い続けて10年。
 ついに、もうこれで終わりにしようと言う時が来た。
 息子は2歳5ヶ月。あまり無理強いしてもダメだなと思い、トイレトレーニングは出来たり出来なかったり。その子のペースで進めて行くしかないと感じている今日この頃です。

 おしめとも言うけれど、私は自然におむつと言っている。私が子供の頃は、おしめと言っていたなぁと、ふと思い出した。まぁ講釈と言っていたのが、時代と共に講談になったのと似ているんじゃないかな?

 私は、布おむつを洗って干しているときが大好きだ。パンパンと布を張って、しわを伸ばしてキレイにする。1枚1枚丁寧に干していく。この時をとても大事に過ごして来た。

 この写真は、今日で最後のおむつ干し、という時に、記念に撮った。おむつを干すのもこれが最後かと思うと、せつなさといとしさとがあふれて来た。来る日も来る日も、使っては洗われ、これまでよく頑張ってくれたよねっ。
 
 今から、10年近く前、母や祖母がせっせと手で縫ってくれたたくさんの布おむつ。10年選手も健在だ。流石に4人目の時は、くたくたばかりでかわいそうになり、妹のところから新品を20枚分けてもらった。

 ところが、その布おむつは、ミシンで縫ってあったので、肌ざわりが違った。こういうものは比べてみないと判らないものだと思った。縫い代がペラペラと邪魔になるので、早速手縫いできれいに仕上げた。

 やはり、布おむつは手縫いに限るなぁとつくづく思ったよ。なんでもかんでもザクザク縫えばいいってもんじゃない。優しく優しく、赤ちゃんを思って、丁寧に針と糸で縫う。これだな。
 私も2人の女の子が、大きくなって、布おむつを・・・なんて時が来たら、縫ってあげたいなぁと、まだまだ先の事を思ったのでした。

 10年も使ったおむつは、真っ白の晒と、かわいいくまやうさぎやぱんだやぞうやねこが描かれている、ピンク色、黄色、緑色、水色、紫色と5色のもの。そして、2年半前に我が家へやって来たのは、青色のくまさんが遊んでいるもの。ほんとにほんとにお疲れ様でした。

 ありがとう愛しきおむつさんたち!
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-05-22 14:35 | 息子と娘と赤子

初めてのカップラーメン

b0008478_22405136.jpg

小学校にインフルエンザが入り来んで、我が家の1年生がダウンした。同じ日に11人も欠席が出てしまい、その日の午後から学級閉鎖。火曜日の事だった。

高熱も引いて安心してた頃、今度は2歳児までその菌が入り来んでしまった。小さな子供達ばかりだから、うつるのは仕方ない。

今、あと2人は無事でいてくれよと祈るばかり。

熱が下がっても、火曜日から
金曜日まで学級閉鎖の為に学校に行けない1年生女子。「たいくつだなぁたいくつだなぁ」と繰り返していたけれど、小さな弟くんが熱を出しているのだから、どこにも行けないし、弟相手に庭にも出られない。

そんな彼女は、宿題をやったり、絵を描いたり、本を読んだり、それでも空きてしまうので、「講談のお稽古する?」と聞いてみた所、「講談聞くぅ」と言うので、講談のDVDを観せてみた。

すると、姉弟子達のやっていた鉢の木の中の「佐野源左衛門駆け付け」にはまってしまった。

「神田派の最初に習うのは
これだよ。だから、今度これをお稽古しようねっ!」
などと言って観せていたら、「もう一回観るぅ」
しめしめ\(^o^)/

やっと日曜日になり、おちびちゃんも調子がいいし、買い物もしなくてはならないので、みんなで出かけた。

1年女子に「インフルエンザの熱を頑張って耐えたから、何か好きな物買っていいよ。
ご飯でもおやつでも、何か食べる物買っておうちで食べようねっ!」
と言うと、意外な答え。

「カップラーメンが食べたい」

そう言えば、カップラーメンとやらを食べさせた事がありませんでした。

本日のお昼、我が家はお父さんが気仙沼に行っていない事をいい事に、みんなでカップラーメンをたべました。

小川窯に嫁に来て10年、食事にカップラーメンが出たのは初めての事です。

娘達はトンコツ、息子は超焼豚味のしょうゆ(多分、相当大きな肉が入っていると想像したに違いありません。残念ながら焼豚味と言うだけでしたが。)、私はというと、辛です辛。辛い物好きの血が騒いでしまったお昼でした。
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-03-10 22:40 | 息子と娘と赤子

クサイ飯

辛いなぁ。この所ずっとクサイご飯を食べています。
実家で母にこの事を話したら、「それは相当古いよ。お母さん古古米を食べているけど、臭わないよ。」と。

信じられますか?新米として買った中に、相当古いお米が混ざっていたのです。しかも、我が家は頂き物で古古古米を食べた経験者です。それ以上なのです。見るからに黒くて、何度洗っても水が濁り、炊きたてのにおいが、これまたプーンとクサイ。そのまずさと言ったらありません。

私の愛用のアサヒ軽金属の活力なべ、古古米までも相当美味しくしてしまいます。その鍋に頑張って貰っても無理なのです。

昨年の秋、30キロの袋単位で8袋お米を玄米で買いました。クサイ米が今現在発見されたのは1袋だけ。まだまだ米袋はあるので、ちょっと恐怖。

頑張って頑張って食べている今日この頃です。

ブログに書く前に、買った所に抗議したら、と思いますよね?私もそう思います。でも、我が家の旦那様は、波風立てる事が嫌いなタチなので、「◯◯さんをけなす事になるから言わないでおこう」と言うのです。

毎年ご近所から美味しいお米を買っていたのですが、何しろ老夫婦の為、昨年からお米作りを止めてしまいました。さぁどうすると、2人の人を介し、新米を買いました。作られた地区は聞いていますが、作った人は知りません。
古いお米を間違えて出したのか?そう思いたい。それならば、米袋も古いはず。米袋はキレイキレイな新米の袋と同じ。ここに悪意があります。この悪意に私は立ち向かいたい。

でも向かわずに、ひたすらガマンして食べている私がいます。

何がどうなってこの小川家にこの悪意がやって来たんだ?

こんなに食べ物を大事に頂いているのに。ご近所から頂く物を有難いなぁと感謝し頂いているのに。

思い起こせば15年前、母がせっかく送ってくれたお米。引っ越しする時に見たら、すっかりカビが生えていたので、ぽいっと捨ててしまった。母の気持ちを台無しにしていた。あの時の玄米を思い出してしまいました。
その頃の私は、ちっとも食事を家で作りませんでした。

お米の気持ちを思い知れ!食物の気持ちを思い知れ!

あぁ因果応報。ごめんなさい。責任は私にあるのかもしれません。家族のみなさんごめんなさい。

思い知っているのです。
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-01-29 01:38 | 生活

何処に行くにも一緒

b0008478_20365144.jpg

横浜のみゆきちゃんにブログを通して見せようと思ったこのでかマグ。
いつも一緒、何処に行くにも連れ回しています。
ショッキングパープルって言葉ある?ショッキングピンクがあるんだからあるか?

上京6日目だけど、まだスタバに行ってない事に今気が付いた。中身は手作りのお茶。エコよエコ。

みゆきちゃん。いつかこのページ見るかな〜
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-01-21 20:36 | 生活

つぎあて

b0008478_1013720.jpg

子供が活発になると、校庭や野山を駆け巡り、あっちこっちで楽しんで来るので、当然の如く、洗濯物はどんどん増える。
冬場は夏ほどでは無いと思いきや、そんな事は無い。雪が降ると山のような洗濯物。4人の子供達が「雪だっ!雪だー!」大喜びで駆け回る。
もちろん洗濯物が、などと怒る私では無い。はいはい洗濯しますよぉー!(◎_◎;)

なんでも楽しみにしてしまうと子育ては明るく元気に行けますねっ!
幸い私、洗濯は大好きなのでOKなのですが、子供服って、まだまだ着られるのに、まだまだ履けるのに、転んだり引っ掛けたりして、穴が開きます。

これが、今の私の楽しみ。このズボンの穴、どうやったらつぎあてに見えないようにあてられるかに命をかけています。大袈裟!!

昭和の子供達のような、膝にワッペンを貼り付けることは致しません。あてる布をわざとななめに切ったり、周りをミシンで縫って模様にしたり。
あてる布は、わざわざ買った物ではなく、これまた履けなくなった物を切って使います。

長男が1歳の頃に、茜お姉さんから頂いた恐竜の模様のパーカー、お気に入りだったのですが、着古してしまい、シミがたくさん。でも背中の部分は問題無し。これを、膝が裂けてしまったパジャマにあてたら、大成功。娘のお気に入りになりました。

そんなこんなで、この5年位、ニヤニヤのつぎあて人生。楽しんでいます。

そうこうしているうちに、10年愛用している作務衣がほころび始めた。あてましょう。わたくしのズボンもあてさせて頂きましょう。

写真は作務衣のズボンに子供のジーンズのお尻の部分をあてた物。
これを私が履いていても、誰も何も言わないんだけど、元々こういう物だったと思っている?
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-01-21 10:01 | 息子と娘と赤子

移動距離

b0008478_19135016.jpg

昌味、移動していますー!
相当果てしなく移動していますー!

スタート16日:岐阜県恵那市ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
東京の新宿ー栃木県日光市ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
17日:東京の阿佐ヶ谷ー栃木県日光市ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
19日:東京の新宿ー埼玉県東武動物公園ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
20日:千葉県松戸市ー東京の上野ー栃木県日光市ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

今日はここまで

明日は東京の西永福ー新宿ー栃木県日光市の予定。

お疲れ様と自分自身に言った所です。(^_-)
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-01-20 19:13

講談会のご案内

b0008478_18495148.jpg

講談会のご案内
出演しま〜す!

□海鮮丸講談会満席となりました。
1月19日(日)12:30から、西新宿野村ビル地下2階「海鮮丸」お食事付きの講談会ですが、お陰様で満席となりました。
完全予約制と書かなかったので、当日お見えになる方もいらっしゃるかもしれません。申し訳ありません。
当日の方は、ちょっと見えずらい所の椅子席か、立ち見となります。ご了承下さい。

以下の出演は、大丈夫だと思いますので、是非是非お越し下さいねっ!

・初席 日本講談協会定席
1月20日(日)12:30開演
上野広小路亭
問い合わせ03-3833-1789

・講談新宿亭
1月21日(月)13:00開演
西武新宿駅向かい 新宿永谷ホール
問い合わせ0422-21-1796
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-01-18 18:49 | スケジュール

昌味のお正月

b0008478_20421090.jpg

b0008478_20421031.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

いつもいつも滞りがちな時々日記。

東京にいるとブログに書き込む時間が作れますね!家にいると、なかなか思うように時間をコントロール出来ません。子供達を犠牲にするか、家事を犠牲にするか、睡眠時間を犠牲にするかしないと、こうして書き込む時間が作れません。
たまには犠牲にするけど、なかなか難しい事です。だから、芸能人が子育てで、ブログを中止しますごめんなさいと言うのを聞くと、当然だろうと思います。

思い起こすと、わずかな子育て期間だそう。子供達とこんなに密着出来るのもホンのわずかな期間だそう。現在進行形のママ達は、頭では理解出来ても、現実問題が先に出てしまい、仕事の為に赤ちゃんを保育園に預けたりしていて、はた目で見ている私は、寂しい現状だなぁと思っています。理想と現実、なかなか難しいですねっ!

私はと言うと、確かに家族を犠牲にして、今日も仕事をしました。感謝感謝!だからこそ、普段は子供達とたくさん関わりたいと、理想の下暮らしています。

その中で、季節を大事に過ごす、があります。お正月は手作りのお節料理。たいした物ではありませんが、今年も頑張りましたよぉ!

作ったお節料理や、頂いたご馳走を撮ったりして、昌味のお正月をブログに載せようと思っていたので、時期は遅くなりましたが、せっかくあるので、私の記録として載せようと思います。

頑張らないとと気合を入れて、年末を過ごしていました。大掃除にお節料理作り、小さな子供達がいると本当に大変な事です。

今回初挑戦して大成功したのが、伊達巻。私、伊達巻は甘くて嫌いだったのですが、買った物と手作りの違いを実感しました。
私は普段、アサヒ軽金属の活力なべと言う名前の圧力鍋や、オールパン、ディナーパンと言ったフライパンを愛用して、かれこれ8年位になります。
その、アサヒ軽金属のお節料理のレシピに伊達巻があり、以外に簡単と思って、初挑戦!
巻きすが何処かに消えちゃって(-。-;ラップで巻いたから、そこが難点ですが、なんとかなり、私としては大成功なのです。今年の暮れも作ろうっと。

普段素食で、本気で一汁一菜だから、これだけたくさん作るのは楽しいねっ!たくさん出た煮汁で、キンピラ作ったり、我ながら段取りもバッチリよーと、自分自身で盛り上げ、孤独な作業を熱い闘志で支えました。(^_-)

かまぼこ以外はみーんな昌味作。我が家にたくさん大豆があったので、ちょっとエコ、黒豆じゃなく、ただの煮豆。それから、昆布巻きのかんぴょうを買って来てと、旦那様に頼んだら、煮てあるかんぴょうを買って来られちゃって、流石に煮てあるのはとろける感じで、縛れないので、残念ながらかんぴょう無しの昆布巻きです。(苦笑)

----

そして、毎年お正月にご馳走になっている、恵那市上矢作町にある円頂寺のご馳走です。円頂寺には、狩野派の描いたと言う八方にらみの龍の天井画があって、恵那市の観光スポットです。

いつもいつも、お正月以外もご馳走になっているのですが、美味しいご馳走を
目の前にすると、すっかり写真を撮ると言う頭が抜けてしまい、家に帰ると、あぁーーーと思うのです。
でも、今回はたくさん頂いて帰って来たので、食べる前に、きれいに盛り付けて写真を撮りました。ホッとするぅ。
盛りきれない位たくさんあり、我が家の食卓がリッチになりました。本当にいつもありがとうございます。
ご住職が丁寧に煮た黒豆は絶品です。それから、お煮しめのごぼうの中にはひき肉が詰まっていると言う手の込み用で、恐れ入りました。
それに、「こんなに美味しいなまこは初めて」と言ったら、調理の仕方なんだって。どんな調理方法なんだろう?聞いても私は、やらないだろうと思ったから聞きませんでした。
その代わり、今流行りの塩麹漬けは、ちゃーんと教わって来ました。…が、いつやるか???とり肉の塩麹漬け。美味しかったでーす。
[PR]
# by hinihiniaji | 2013-01-17 20:42 |

持久走大会

b0008478_15454911.jpg

先日、小学生の持久走大会があった。行ける時は応援に行くようにしている。
昨年は行けなかったけど、今年は娘が初めての持久走大会だから、なんとしても行きたいと思っていた。サイワイ?仕事も無く、無事に行って来られた。

予報の強風はおさまったものの、冷たい風と、冬の寒さでお腹が痛くなった。そうだろう。この寒い中、2時間も外にいる事がなかった。田舎暮らしでも生ぬるい昌味です。

私の住む山岡は、行事を大切にする伝統があると思う。

この持久走大会もほとんどの親さんが応援に来ている。父母そろって見学している方もいる。

私は、1歳児連れ。

旦那様に言わせると、「そんなの行かなくてもいい」との事。

旦那様が育った環境は、運動会でも親が来ない所だったそう。そんな学校があるんだ??とビックリ!
みんなで給食食べて、また午後の競技をやるそう。

私が育った栃木県の鹿沼市や宇都宮市は、もちろん運動会に親が来てくれたし、手作りのお弁当だった。確かにお父さんは仕事で来た事は無いが、時には母方の祖母も来てくれた思い出がある。

そう考えると平日だったんだろうなぁー。

昔は、父親が行事に参加すると言う風潮は無かったのかもしれない。役員のお父さん位しかいなかったかも。

他の地ではどうかな?

この、恵那市山岡町では、両親どころかおじいちゃんおばあちゃんが来るのが当たり前。我が家は、私だけ、みたいな時や、私が仕事で留守みたいな時には父親だけとなる。非常にひっそりとした応援団だ。
子供の人数では負けないけどねっ!

育った環境の違いで、考え方も違って来る。

過保護なんてする気は無いけれど、せめて、運動会位は見てやって欲しいなぁーと思ってしまう。

まぁ、持久走大会は、別に応援しに行かなくてもいいかなと思うけど。

学校では、とても大人しく、でも、胸には熱い闘志をいっぱいためている、頑張り屋さんの娘。
背が1番低く、生まれ月も遅いのだけれど、毎日毎日練習を頑張って、みごと3位入賞!
これには流石に驚いた。

見届けられて、うれしかったわぁ。

息子は過去最高の順位、10位。

2人のガンバリを思いっきり褒めました。

ちなみに、ひと学年、30人位の町です。ちなみにちなみに、男女別に行いました。(^_−)−☆
[PR]
# by hinihiniaji | 2012-11-29 15:45 | 息子と娘と赤子

秋になると着る一枚

b0008478_1228539.jpg

アンティークな帯締めに琥珀のブローチを帯留め代わりにしてみた。光に反射して木の葉に夕日が差し込むよう。

秋になると着るこの一枚。落ち着いたススキの柄だけだとモノがれて、地味になりそうな所だけど、秋の紅葉みたいな赤の格子と地の辛子色がパッとしていて、楽しい一枚。

パリでお買い物をしたときに見付けてしまい、思わず買った琥珀のブローチ。思わず買った理由は、帯留めに出来るなぁーと思ったから。
姉弟子の紅お姉さんが「昌味ちゃんも、着物が揃ったら、次は小物で楽しめるわよ。」と言った言葉をきっかけに、ブローチを見ると、これは着物に合うかな?どうかな?と、見ていた時期がある。

今は?ちょっと休憩。

カレンブロッソの草履が目標\(^o^)/

このブローチ、横向きを立てにしちゃったけど、そんな自由さも楽しい。
楽しんで着るのは素敵!!
[PR]
# by hinihiniaji | 2012-11-14 12:28 | 着物ギャラリー

金刀比羅神社

b0008478_1203683.jpg

恵那市山岡町原にあるこんぴら神社。ずーっと金毘羅と思っていたら~(・・?))金刀比羅神社だった。
失礼致しました。

今年も昨年に続き、2回目の秋祭りに行って来た。地区が違うのにお邪魔しまして、原地区の皆様ありがとうございます。
昨年はいいお天気だったけど、今年は雨模様。
それでも神事なので、毎年恒例の事を行う神聖なもの。保育園児や小学生のみんなは踊ったり、太鼓を叩いたりと頑張っていた。かわいい踊りとリズムに合わせて叩く太鼓に心洗われる思い。
こういう伝統的な物はいいねっ!老若男女で一つの事をやり遂げる。お母さん達は練習もあってやりくりが大変だろうけど、続けて欲しいなぁー。

最後に行われる餅投げ。昨年は当たったお餅を家に持って帰って来てしまい、とんだうっかり八兵衛をしてしまい、子供達からブーイングだった。だから、今年はなんとしても氏子賞狙い、ただ一点。
でも、昨年と違って、表からは賞の名前が分からない。お餅の中に入っているピンク色の紙が、四つ折になっていたのだ。まぁ賞が分かったからとて、氏子賞を取れるとは限らない。

雨だったか人手が少なかったのか昨年よりたくさんのお餅が拾えた。子供達と合わせて全部で32個。その中になんと\(^o^)/なんと\(^o^)/氏子賞があったのです。なんだろうなんだろうと貰ってみると、BOXティッシュでした。うれしいよ、うれしいけど、昨年から1年越しで悔しがってた氏子賞がティッシュだったと知ると、何だかホッとしました!ティッシュならねぇ。
[PR]
# by hinihiniaji | 2012-11-13 12:00 | 生活