<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本日オープン!楽天市場 小川窯

 小川窯のショップが、楽天市場に、本日オープンしました!是非、見て下さい。

 テツオウが心を込めて作っている、焼き締めの魅力満載です。オドロキの実験結果にとあるサイトから電話がかかりました...
 
 これから、どんどん商品数を更新していくので、ちょこちょこ見て下さいね!

小川窯~昔ながらのやきもの屋~
[PR]
by hinihiniaji | 2010-12-27 22:02 | テツオウ

日本紀行

 今日20日、夜7:30~NHKの日本紀行という番組に、友人の岐阜県恵那市、林昌寺住職じきじゅお尚が出演します。

 林昌寺は私が結婚式を挙げたお寺です。

 じきじゅお尚の別の顔、「夜の紙芝居」の特集です。
 じきじゅお尚の自作の紙芝居は、童心に帰ったり、ほろっとさせられたり、じーんと胸にしみたり、楽しかったり!そんな大人向けの紙芝居です。(子供も楽しめるけどね)

 是非、観て下さ~い!
[PR]
by hinihiniaji | 2010-12-20 12:33

男の子!

 すぐにブログを更新しようと思っていたら!!!まさかまさかの退院となり、ばたばた家に帰ったので、男の子か女の子かをお知らせ出来ませんでした。もったいつけてしまいごめんなさい。
 まさか!というのは、8日の午後6:30過ぎに到着し、7:24に赤ちゃんが誕生しました。そこから、入院したのに、ナント、11日の午後には退院したのです。3日も居なかったという事になります。えぇ?びっくり!
 そりゃあみんなして安産安産良かった良かった言いますが、陣痛は何度経験しても痛い訳で、いや、痛いなんて表現では足りない訳で、そんな中、ひたすらに旦那様の仕事のパソコン仕事をこなし、車に揺られながらの痛みは激しく...いくら病院着いて1時間で生まれたとしても、耐えている時間は長かったのですよ!はい!
 しかし、前回の出産は、阿久鯉さんに真打披露宴に向かう、新幹線の中で陣痛が来てしまい、東京駅に着き、東京會舘に向かい、阿久鯉さんお祝い渡してとんぼ帰り...という本当にお騒がせな感じでした。だけど、私は冷静で、良く考えると、気を紛らわす事がどんなに心強かったか!
 前回ほどのばたばた感はないけれど、今回もやってくれました4番目。まさか大垣市(岐阜県)から岡崎まで向かう事になろうとは!我が家から向かう事が出来たら、今度こそ、子供たちも立ち会いの元、「家族で新しい赤ちゃんを迎えたい」それが、私の最後のお産の夢でした。残念...夢は叶わず、また、旦那様と2人で赤ちゃんを迎える事になりました。「へその緒をお父さんが切る」というのをみんなに見せてあげたかった。
 でも、これもすべて、生まれ来る赤ちゃんが選び、私と旦那様の2人の時間を作ってくれたのかなと思うと、本当にありがとうという気分になります。
 生まれて来てくれたのは、チンチンマンでした。これは、生まれてすぐの写真。へその緒を切りま~す!
b0008478_1443311.jpg

 まさかの退院が何故に起こったかと言うと、今回もお世話になった岡崎市にある吉村医院は、病棟の隣に「お産の家」という昔ながらの建築法で、大工さんが1人でこつこつ建てたという、木の香り漂う素敵な建物があります。檜のお風呂があったり、もちろんみな畳の部屋。お産から入院から同じ部屋で過ごす事が出来ます。家族も自由に泊まる事が出来て、病棟よりは広く、ゆったり目の部屋。ここでお産をするのが念願でした。ただ、この「お産の家」は、婦長さんが担当で、切り盛りする婦長さんがいないとお産が叶いません。婦長さんの所用、妊婦の体の異常、お産の週数が短い、などと、いろいろの事情により、そこで産みたいと思っても、叶わない事もあります。
b0008478_14505187.jpg
b0008478_14512053.jpg

 前回は4週間も早くに陣痛が来てしまったので、残念ながら叶いませんでした。
 婦長さんからも「37週まで持って下さいね」...と言われ、12月5日を目標にしていたけれど、今回はよかった~~~37週過ぎた~~と思ったら、まさかの3日後だもんね。いつも私は予定日よりは早く出産を迎えます。
 そんな訳で、無事に念願の「お産の家」で、出産入院出来、満喫していたのですが、今回は婦長さんのどうしてもの予定と重なり、日曜日には退院出来ないので、まさかの土曜日退院となったのです。私としては、肩すかしな気分にもなりますが、良く考えてみると、付きっきりの看護体制、昼夜問わずの懇親の体制、本当にありがたいなぁと思います。助産婦さんの仕事は素晴らしい仕事です。
 だから、まぁいいか、家に帰ろうと、承諾したのです。
 確かに、元気だしね!
 角度を変えると、この子が早く家に行きたかったのかもしれないし...そんな風に思うと楽しくなります。それに、予算不足の私の懐も考えてくてたのかなぁなんて考えたり...(早く帰されたので入院費用が安くなりました)なんでもお見通しかな?この赤ちゃん。などと思って笑ってみたり。
 帰る日には、縁側で、たらいで沐浴です。旦那様が、4人目にして初めて赤ちゃんをお風呂に入れました。レボリューション!!
b0008478_1444813.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2010-12-19 14:42 | 息子と娘と赤子

男の子?女の子?

 昨日の夜に赤ちゃんが誕生しました。さて、男の子?女の子?どっちでしょう。(ニヤリ)
 まだ家族にしか伝えて無いので、このブログで報告は友達より早い!という順番になります。
 今回も私の性格を知ってか、バタバタなお産でした。昨日は、旦那様の仕事関係で大垣市に行っていました。まさか陣痛が来ると思わない...お産はいつでも突然な感じだけど...そろそろかなぁと覚悟はしていたものの、まさか今日(8日)とは!そんな昨日でした。
 旦那様が前から赤ちゃんにお願いをしていました。「8日、8日迄持ってねっ。後はいつ出て来てもいいからねっ」その位大事な仕事でした。
 仕事中にどんどん迫り来る痛み。なんとか16:30迄の予定通りの仕事を終え、隣にいる旦那様に「もう家に帰る余裕は無いから、岡崎に行って」と伝え、向かう事2時間。
 前回同様のシュミレーションをする。陣痛の間隔が狭くなる。体全体が熱くなって、汗をかいて来た。もう間隔は3分切っている所じゃない。見つめていた携帯電話の時計も見られない。まさか破水が来たら...下着を取って、車の中にあるバスタオルとブランケットで...今回は毛布は積んで無いもんなー...そんなシュミレーションをしながら、ナビの声「間もなく2キロ先出口です」「間もなく1キロ先出口です」「左方向出口です」
 あぁ岡崎に着いた。「もうちょっとで吉村医院だよ」の旦那様の声。不思議と落ち着く。
 到着時刻18:30そこから1時間ちょっとで無事に出産。
 私の事を考えてくれ、いつもいつもお腹の赤ちゃんは、気が紛れる時を選び産まれてくれる。そんな気がする。長時間の陣痛に同じ所で耐えるよりは、なんとなく、何かで紛れてた方が楽な気がする。ありがとうありがとう!かわいい赤ちゃん。
[PR]
by hinihiniaji | 2010-12-09 08:57 | 息子と娘と赤子

次はどんな子?

 最近デジカメでお互いを撮り合っています。
知らないうちにこんな写真がありました。
 我が家のワン!
b0008478_1071821.jpg


トゥー!
b0008478_1052737.jpg


スリー!
b0008478_1061134.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2010-12-02 10:07 | 息子と娘と赤子