<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

スケジュール

「最新情報」
4月30日(金)
「花便り寄席」
お江戸上野広小路亭
開演12時
昌味出演15:30
問い合わせ TEL03-3833-1789

お待ち申し上げております!
[PR]
by hinihiniaji | 2010-04-27 16:04 |

からすみ作り

b0008478_11443995.jpg

b0008478_11443985.jpg

b0008478_11443937.jpg

 日曜日に東濃の郷土料理「からすみ」をみんなで作りました。
 みんなと言うのは、私と3人の子供達プラスひろ子さん、ちゆりさんという、郷土料理のエキスパートの先生達です。
 お二人が作ったからすみを、お雛様の日に頂いたら、今迄食べたからすみの中で1番おいしくて、綺麗で、家族揃って大絶賛!!
 一方の私は、3月3日に初めて作ってみらた...とろとろのぐすぐず...残念な結果となり、子供達からは、「まぁちゃんのからすみはとろとろー!」と、何度も何度も言われる始末となったのでした。そんな話をひろ子さんにしたところ、「では一緒に作りましょう!」となったのです。
 「からすみ」ってなぁに?
 主人は山岡に来た当初、からすみが300円で買えると大喜びして買って帰り、さぁお酒を飲もうと包みを開き、中を見てビックリ!そこには、富士山型のういろうに似た米粉のお菓子が入っていたのでした。
 東濃地方のからすみは、ボラの卵巣ではありません。海の無い岐阜県。昔、恵那界隈迄は、なかなか新鮮な海産物が届きませんでした。中でも、カラスミのような高級品は手が出ません。そこで、子宝繁栄という縁起のいいカラスミにあやかり、子供達の成長を願って、桃の節句に作られるようになったのが、米粉で作ったからすみです。
 
 本日のメニュー!
 1ピーナッツからすみ
 2レモンからすみ
 3さくらからすみ
 4よもぎからすみ
 5黒糖からすみ

 以上5品。中の具のレモンの砂糖漬け、さくらの塩漬け、よもぎを蒸した物はお二人の自家製です。この具の良さが一層からすみを美味しいしています。そして、さくらとよもぎを混ぜて春景色にしたり、息子の提案で、よもぎと黒糖までロールして、ちょっと色合いが斬新でモダンな感じになりましたが、いろんなアイディアで楽しめます。
 新一年生と4歳児は、富士山の型にギュッギュッと押し込み、型からそーっと抜く作業を頑張りました。仕上げのラップで包むのは、2歳児まで加わり、上手に出来ました。
 たくさん作りましたー!ひろ子様が、実家に行くならそのお土産にと、たくさん材料を用意して下さったのです。私達の分は30本。日曜日の夕方はいつもお願いする宅急便が早く集荷に来るので、慌てて梱包し、実家に送りました。
 ただ今新幹線の中です。二人の姫様は朝早く起きたので寝てしまいました。明日は私の従兄弟の結婚式です。その為の上京です。明日、そのからすみを家族や親戚のみんなに配ります。楽しみー!
[PR]
by hinihiniaji | 2010-04-27 11:44 |

ぐっさん家

b0008478_22181164.jpg

 「ぐっさん家」というタイトルのテレビ番組がある。東海圏ではとっても人気のある東海テレビの番組だ。ぐっさんこと、山口智充さんが東海地方の街角に現れ、ちょっとした散歩をする...出会いあり、たまにおいしい物あり、職人技あり、といった感じの内容だ。
 山岡町にぐっさんがやってくる。どこがいいか、何がいいか等とスタッフは綿密にリサーチをする。「寒天と陶土の町」と掲げている山岡町だけに、やはりこの二つは押さえておきたいと、我が家にいる陶芸家さんの所に取材が来た。(もう3ヶ月位前の話ねっ!)
 「東海テレビのぐっさん家と言う番組です」と、電話が来た時「はい、よく存じ上げておりますー」と言ったけど、分かっていないようなので、後から分かっても、なんで言ってくれないのーと言われても...等と思い、打ち合わせの初日に、「実は私、講談師でして...お世話になっております山陽と兄弟弟子です...で、その山陽さんの縁で私達が結婚した...というような関係で...こちらは山陽さんと悪友で...」と、スタッフさんに伝えた。三代目山陽さんは、この番組のナレーションをしているのだ。スタッフさんびっくり!知らずに来たから、面白かった!
 カメラも回ったけど、ぐっさんは来なかった。2回の打ち合わせと度々の電話で、ぐっさん家終了。
 結局、山岡駅を降り立ち、歩いて回る、という設定なので、小川窯迄は来られない、陶芸の事迄は時間の中に納まらないと、キャンセルになったけど、記念品として、写メの通り、タオルと千社札風シールとステッカーを頂いた。
 放送は、3月だったかな?もう終了している。東海地方のみの放送かと思いきや、意外にもいろいろな地方でも放送している事が分かった。中でも勉強になったのは、私の故郷、栃木テレビ!いやー出るんだったら、お知らせしたけど、出ないから、家族には何も伝えませんでした。
 こういう記念品を、1番喜ぶ従兄弟に1セットあげたけど、もう1セットあるのです。どうしようかなぁ!欲しい方います?
[PR]
by hinihiniaji | 2010-04-22 22:18

お内裏様と雛様と兜

 我が家にいる小さな殿様と姫2人。今年はやっと3人の為に、兜とお雛様2組が飾られた。
 お雛様を3月3日過ぎても飾り、この恵那近辺は4月3日がお雛祭りなのでまだいいかと飾り、4月3日も過ぎたけど、今年初の事なのだからと言って、まだ飾っています。姫たちが少々行き遅れてもかまいません。(父親の心境)ずっとうちにいてもいいよ。(父親の心境)男親は娘に対して甘いものですね。
 子供たちが生まれ、いつか作る、いつか作ると言っていた兜やお雛様。やっと6年越し、4年越し、2年越し、で、出来た訳です。
 多分、5月5日まで飾られる事でしょう。

 手前は子供たちが保育園で作ったお内裏様とお雛様です。
b0008478_9262792.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2010-04-18 09:26 | テツオウ

JCOB会

 今年もやって参りました~恵那での講談会。(いや、今年は遠に始まっている...)
 今年初のお招きは、JCOB会の総会でした。JCは青年会議所の事なんですって。
 行って参りました恵那峡グランドホテル。ここに着物で来るのは初めてです。お客様の送迎や、温泉やはたまたお花見で通り過ぎたりと、しょっちゅう通っている気がしますが、仕事では初めてでした。取って頂いた控室から見る景色は絶景です。
b0008478_17174270.jpg

 7年前の結婚式。ここに家族15人ほどで泊まりました。もちろん私も。季節は春でした。思い出しますね~
 
 講談後の懇親会では、皆様が話しかけて下さったり、CDを買って下さったりと、1芸人にとてもお優しく、興味深く?声をかけて下さったので、有難かったです。でも、お腹がすきました。はは!
 帰っても何もないな~どうしようかな~?この着物姿ではファミレスもね~ココイチもね~コンビニもね~ちょっと車から降りるのが面倒だし、目立つし、誰かに見られたらやだな~「あれ?さっき講談やった昌味ちゃん、コンビニで弁当買ってるよ」みたいな噂をされても悲しいので、ドライブスルーしました。モスバーガーね!
 ばらしてたんじゃあ意味ないけどね!

 お集まりの方たちの中には親しい方々もいらしたので、懇親会もドキドキすることなく、楽しく過ごさせて頂きました。

 皆様今後とも、恵那市出身女優宮嶋麻衣ちゃんや世界大会優勝の太鼓のたくちゃんを見るような気持ちで、昌味を頭に入れておいて下さいね!
 ありがとうござました!

 良く、昌味の着物コレクションが見たいと言って頂くので、今日の着物はこれ!紫色の紋付。
 三つ紋で味がデザイン化されています。←昌味のデザインです。
b0008478_17144659.jpg

 しかし、ホテルにこういう着物を着て行くもんじゃありません。何度も「トイレどこですか?」「お手洗いどこですか?」と聞かれてしまい...トホホな感じでした。
b0008478_17152146.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2010-04-16 17:15 | 着物ギャラリー

入学式の写真

 今日は、とっても嬉しい事に、仲良しのし~さまと恒例のなが~い電話が出来、久々に、びっくりな良い展開話も聞けご満悦です。だけど、嬉しい事ばかりでなく、厳しい事にもあっけらかーんと言ってのける彼女には本当に頭が下がります。厳しい現実に、なんの励ましの言葉も出ませんでした。「腹が据わっているんだから大丈夫!」そう思います。私も、自分の子で精一杯だけど、1人や2人増えてもやる事変わらないので、私で力を貸せる事があったら何でもしたいよ。ご主人様も、「し~さまが忙しかったら、うちで育てる。」などとご子息の事をいつも気にして、毎回言っていますので、恵那ははるか遠いけど、いつでも、頼りにして欲しいです。なんか、美術教育がしたいそうよ!

 いつも、このブログをチェックしてくれているそうで、「いつも昌味ちゃんにブログで会ってるから~」と言われ嬉しくなったので、ブログアップしなきゃと思い、パソコンに向かっています。

 こんなにってどんなにかを伝えたく、息子の写真を載せようと思います。
b0008478_20375541.jpg

 時に親は、どんなに小さい子にも、涙を流しながら試練を与えなければならないと思っています。だから、今朝、息子は1人で35分の道のりをバス停まで歩きました。ちなみに、我が家の下り坂を下りると、ず~っと上り坂。途中息子は「えらい」(恵那弁で「きつい」という意味)と発しながらも頑張って歩いた事でしょう。帰って来てから、「バスに間に合った?」と聞くと、「そりゃあ間に合ったて~」←これも恵那弁。余裕なコメントを言っていましたが、必死だったのだと思います。
 今朝の、何度も何度も家の方を振り返る姿は、きっと忘れる事が無いでしょう。
 
 私も、小学校の時は、4㎞の道のりを1時間かけて歩いていました。でも、近所に同級生や上級生が何人もいて、「班」という体制での登下校でした。だから、仲間がいての1時間は、今思い出しても、楽しい事や発見、いろいろな遊びにと、自然の中での清々しい日々でした。その「仲間」が息子にはいないので、とても孤独、そこがかわいそうではありますが...たくましくなるでしょう!
 時代が変わり、この山岡町では、子供を歩かせる親が少なくなったようです。車で送って行くのは簡単な事。でも、たくましく生きていく為にも、歩かせる考えは変えません。だって、陶芸家と講談師の息子。父は朝から晩まで仕事。母は3、4日家を空けてしまう自由人。何でも自分で出来る、たくましい子にならなければねっ!
b0008478_20382877.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2010-04-12 20:47 | 息子と娘と赤子

昌味の入学式の着物

あんなに小さくてくてかわいかった息子は、大きくてやんちゃ坊主となり、今春、新1年生!
おめでとう!毎日バタバタとしています。何しろ、5:30起きで、息子は6:30過ぎには家を出、バス停までの道のりを35分歩きます。練習では、40分かかったのですが、私と息子の2人きり、さっさと行けるので、時間短縮になりました。
 しかし、今日は、バス停までベビーカーに娘を乗せ、迎えに行ったは良かったのですが、帰り道、すっかり安心し過ぎました。1時間以上も歩いていたのです。家に付いたら、今度は、4歳児の保育園バスのお迎えの時間を過ぎていました。まさかの失敗です。娘はさみしく保育園へバスで戻って行き、ママ友からは心配の電話やメール。
 なんだか息子に気を取られていて...はぁ...3人分のいろいろを考えなくてはいけない、母昌味、頭が疲れています。

 入学式、バス停でスクールバスを待っている時に、息子にデジカメを持たせ、昌味の入学式ファッションを撮って貰おうと、した、と・こ・ろ...こんな感じ!
 おい、遠いよ~
b0008478_22274727.jpg
  
 気を取り直してもう1枚。
 入学式は、お母様たちはみなあでやかに、訪問着の方が多かったです。やっぱりね!みなとってもきれいで目立っていました。辻が花の人もいたし、なんかとても優美な絵のお着物、アンティークな感じでいて、派手な大柄の着物、もちろん清楚な感じの方もいましたが、やっぱり私は、定番で攻めようと思い、無地の1つ紋。ちょっと私には地味な色。お客様から頂いた、梅鉢紋の暗めのピンクのような、暗い藤色のような、私としては中途半端な色だと思いましたが、目立たないように、この着物を選びました。梅鉢の紋は、師匠の紋でもあり、嫁ぎ先の紋でもあります。だから、いろんな意味でベスト!
 私は、本当に調度よく有難く、必要な物が回って来ます。本当にうれしい限りです。
 娘の時には、江戸小紋の鮫小紋を仕立てたいな~。この反物は中野坂上の呉服屋さんで見付けて欲しくなり、ぱっと買ったはいいが、仕立てるタイミングがありませんでした。これを目標に、お仕事頑張りたい。押入れに反物が眠っているはず!確かねっ!これぞ入学式の定番、昔の!みたいな着物で行きたいわ!(気が早い。まだ2年先!)
 羽織は絵羽織。丈の長い羽織が流行る前から、好きで着ていました。久々に着ました。1歳児に靴で踏まれました。はぁ...母の商売着が!

 息子の入学式で、お母さんの着物ナンバー1に輝いたのは、みずえさまの、きれいな藤色の無地の1つ紋です!おめでとうございます!
 春にふさわしく、明るく落ち着いた、お母様着物の王道な感じで、好印象でした!!

b0008478_22283853.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2010-04-08 22:54 | 着物ギャラリー