<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

米ディーナンバー1

 大阪に行った理由は「会いたい人」がいたから。正確には「会いたい夫妻」か。
 愛知県岡崎市の吉村医院で会ったゆきちゃん達。私が「ダーシェンカ」と言うパン屋さんに行きたいと言っていると、「車で来てるから、良かったら乗せて行ってあげようか~」と、なんともさりげなく誘ってくれた。実はこのゆきちゃんの事は、両親学級の時から勝手ながら目を付けさせて頂いていたので、仲良くなりたかったのだ。
 大阪から岡崎まで来たゆきちゃん、私は恵那から岡崎へ、なんとも不思議なお腹の子の巡り合わせで出会う事が出来た。パン屋に行き、岡崎駅まで送ってもらった、わずか、小一時間。お腹をなでなでしながら、「頑張ってね」といって別れた秋。あれから1年が過ぎた。
 いつか大阪に行こう、そして、ご主人がやっている米ディーナンバー1というお弁当屋さんのお弁当を食べたいと思っていた。貰ったチラシによると、「有機野菜、無添加の調味料で素材のおいしさをいかしたオーガニック料理」あ~そそられるぅ。あれもこれも注文しよう。
 わくわくしていたら、ゆきちゃんから電話がかかって来て「ごめんなー、土日はやってへんねん」
 がっかりしたけど、いいのいいの、ゆきちゃんに会えればいいのいいの。
 迎えてくれたゆきちゃん夫妻はありあわせの、と言いつつもおいしいご馳走を用意してくれた。感謝!
 b0008478_22575683.jpg梅酢だけで作ったきんぴらの海苔巻き。おふを出汁にしみ込ませて揚げた物。カブ入り豆サラダ。お味噌汁。キッシュに天然酵母のパン。
 本当においしかったけど、梅酢だけの海苔巻きにはちょっとびっくり。「梅酢だけでこんなにおいしくなるのぉ?」と、聞いてしまった私。ゴマが引き立たせてくれてはいるけれど、本当に健康満載の海苔巻きだった。あ~なんでお土産で頂戴と言えなかったんだろう。これだけが悔やまれる。
 b0008478_22582311.jpgそれから、お肉に見たたせてのおふの揚げ物、これもびっくり!食感は柔らかいお肉。
こんなに健康志向の強い旦那様と一緒の暮らし、いいなぁと羨ましかった。どんなに頑張っても、私はこんなに徹底出来ていない。夢の様な食事だった。
[PR]
by hinihiniaji | 2006-11-30 22:59 |

コペン

 b0008478_2346304.jpg初めての大阪で向かえてくれたのは白色のコペンだった。誰かさんが言ってたな~。「セカンドカーはコペンがいい」って。ツーシーターだから実用性はないけれど、ちょっとしたドライブ、天気のいい日の午後、走ろうか、みたいな感じで時間を使えたら素敵だね。
 障害のある方たちでやっている恵那の石窯パンに行った時の事、ベレー帽をかぶった紳士がマダムと一緒にコペンでスーッと入って来た。あれを見た瞬間に私も、うん、年取ったらコペンかも、と思った。
 たまに、コパンだかコペンだか分からなくなるんだけどね~
 若いうちは、私はやっぱり、ユーノスだね。それも、濃い目のグリーン。ずっと憧れ続けてるけど、車の車種に欲の無い私の事だから、自分で買おうとは思わないけど、誰か乗せてくれないかな~。運転もしてみたい。
 初めて買った車は超中古で8万。次のも8万。その後のは友達からただで譲り受けた。この時「ただより怖い物は無い」という言葉の意味が辛いほど解った。車検が切れていて車検を通すのに20万近くかかった。大げさかな~?「講談師見て来たような嘘をつき」でも、15万はかかったぞ。絶対。それなのに2週間で廃車にしてしまった。東京帰りで疲れてて居眠り運転して、実家近くの電柱に激突したんだけどさっ。それも、父の命日だったから、あ~父に助けられたと、親類一同声をそろえて言ってたっけなぁ。それ以来車は自己所有してはいない。
 まぁこんな私だから、車にお金はかけないだろうから、ユーノスなんて、夢だけでいいのいいの。
 それにしても、車って便利だね~。
 最近不思議に思うのは、電気自動車の世界へ突入しようとしている昨今、どうしてガソリンスタンドがどんどん出来ているのだろうという事。ガソリン協会の陰謀か?きっといつかいらなくなるだろうガスステーションなのに~。希望と現実は恐ろしい位のドロドロした人間模様があるのかもしれない。
 大阪に来た。妹のきよちゃんが出張で大阪にいたので、今だっ!とばかりに、家族にお願いをして、大阪に来た。
 b0008478_23472024.jpgやっぱりエスカレーターでは、みんなが右に並んでた。
[PR]
by hinihiniaji | 2006-11-26 23:44 | 生活

柿狩り

 岐阜県の本巣という所は柿の産地だ。その名も「富有柿」。本巣に住むかよちゃんは柿農家。「おいで~」と言われたので、のんちゃんぎてんくんと行ってきた。
 今年は柿が全滅で、ほとんど虫にやられっちゃったらしい。それも仕方のない事で、周りの柿農家は農薬を使っているけれど、かよちゃんのところは全く使わず、手作業で虫を取っているから、よその虫がみ~んなかよちゃんの柿に大集合しちゃったんだという。あ~なんという酷さ。それでも柿好きな私の為に、近所の方から分けて貰った物を取っておいてくれた。
 なんでも、決められた農薬を撒かないと、農協が買ってはくれないんだそう。近所のおじいちゃんは、そういう事にくたびれてしまい、ほったらかしにしていたらしい。その柿をかよちゃんが分けて貰ったそう。
 そう言えば、果物だけではなく野菜も、決められた農薬を撒かないと買ってはもらえないと近所の人が言っていた事を思い出した。健康志向が高まっていてもこれが現実なのだ!
 てっきり柿狩りは出来ない物と思っていたら、レジ袋1杯分させて貰えた。でも、娘をおんぶしての柿狩りはちょっときつかった。「去年、おなかにいる時の方がまだ楽だったなぁ」と、思い出す。採っている時は夢中だから、写真なんて撮ってはいられない。後から気がつくんだ~、あ~撮れば良かった~、ってさっ!b0008478_21484.jpg
 柿狩りの後で、かよちゃんのおでんをお腹いっぱい頂いた。柿畑の真ん中にある、特製の屋台で。これがまた最高。去年来た時もこの屋台に座りたかったんだよね~。それに、お豆のカレーもうまかった。バケットが1本置いてあって、みんなでちぎって、カレーを付けて食べるのが、大胆で楽しかった~。
 数々の恵みに感謝!一緒に行ってくれたみんなに感謝!それに、ドライバーをしてくれたぎてんくんに感謝だなぁ!だって、子連れで2時間以上の運転はきつかったもん。助かった~
[PR]
by hinihiniaji | 2006-11-22 23:33 |

いつの日かのがらんと今日のがらん

b0008478_1684145.jpg
↑<いつの日かのがらん。せ-のさん、ちょっと写る>
b0008478_1684143.jpg
↑<今日のカウンターはかわいい坊やとあたしだけ>

 今日は雨。
 久し振りの「がらん」。珈琲屋さんに来た。じっきーに誘われたから久し振りに来てみたけど、待ち人まだ現れず。50分経ってしまった。予定変更になったかな?
 名古屋にあるコーヒー豆専門店イヅツヤのオーナーが山岡の古民家を利用してなんとも落ち着く珈琲屋をオープンさせて、4年目になる。日曜だけのオープンというイベント性があり人気の場所。そして何と言っても、こだわりのある豆をひいて出してくれるコーヒーはとってもおいしい。この地はお水もおいしいから尚更良い。
 たまに、メニューに無い物を出してくれるのもニクイ!
 今日はブルーマウンテンブレンド500円を頼んでみだ。オレンジ色のポプラを見ながらホッと一息。
 あ~そういえば今年は2回目だ。1回目は東京から遊びに来たせーのさんをお連れして来た。懐かしいその時の写真を見ながら~
[PR]
by hinihiniaji | 2006-11-19 16:08 |

福山

 私の夢に初めて福山雅治が出た。むふふ~
 毎週日曜のスズキトーキングFMをきちんと聞きたいなぁ。
 ふぅ、そんなむふふ~な夢だけで終われば寝起きがいいのに、最近は、母を叱り飛ばしてる夢を見ることが多くて、くたくたになって起きる。非常に疲れるだわ~。
 30過ぎて独身なんていいのは残ってない、何か問題がある、なんてな事を言うけれど、きよちゃん、福山だって残ってるし、人生そうつまんない事ばかりじゃないさ!どこかにいいのがいるはずだ!ちなみにきよちゃんは私の妹!
 妹弟子の京子が結婚して、お相手は詩人らしいけど、実にびっくりなスピード婚だけど、めでたいめでたい。阿久鯉が「昌味おねえさんがみ~んな悪いんですよ」と言う。どうも私が結婚した事で、陽子姉さんが幸せになり、息子を産んで山吹が幸せになり、娘を産んで京子が幸せになった。幸せを振りまいたのは私だ、と言う。なるほどうまい事言うね~。確かにそんなタイミングではあるけど。「ところで次の子はいつですか?」どうも、自分に幸せを貰いたいらしい。産みますよ~3人目!
[PR]
by hinihiniaji | 2006-11-17 23:14 | 講談

トイレトレーニング

 b0008478_113219.jpgすっかり、夕ご飯時分には氷点下となってしまった山岡。あ~、寒い寒い冬がやって来るんだなぁ。
 我が家のイチョウの葉も黄色に色づいてホントウニきれい!
 息子は生まれて2度目のイチョウの葉拾いで毎日楽しむ。自然の中にいると、すべてがおもちゃになる。素晴らしいね!
 b0008478_12593.jpg2歳7ヶ月にしてトイレが完了した息子は、毎日楽しそうに「おしっこ、おしっこ」「うんこ出る。うんこ~」と言っている。今月に入って、今まで使っていた「とれっぴー」というトレーニング用のパットも卒業した。パンツをはかせると、なんだかお兄ちゃんになったようでかっこいい。子供のお尻は引き締まってぷりぷりしていていいね!
 母としておしっこにうんこをトイレでさせる事がこんなに苦労するものだと勉強させて頂いたよ。おしっこの時は主人がちんちんの事を教えてくれたからすんなり行ったけど、うんこには参ったね。座る事が怖かったり、トイレに入ることを嫌がったり、いつも隠れてカーテンの中でしていた息子。
 b0008478_12289.jpgそのうち、主人が、「うんこちびったらおもちゃ没収」と言い出し、ちびる度に、大事なおもちゃが高い棚の上に上げられて行った。出る事は分かるのに、どうしてもトイレで出来ない息子。途中でかわいそうになり、叱る事を控えめにした私。いろんな人に聞けば、みんな怖がるらしいが、3歳前後にきれいに出来る様になる物だそうだ。
 ところが主人はあきらめずに、飴と鞭作戦で、「出来ればおもちゃぜ~んぶあげる」とか、「ゼリーあげる」と言って頑張らせた。ついに10月11日トイレでうんこが出来た時には大喝采!普通にしている事がこんな喜びになるとは不思議なものだ。
 すっかり味を占めた息子は「うんこ出来たらどうする?」「何くれる?」と、付け上がってきた。そして、どこに行っても「ここトイレある?」と聞いてくる。おまけに「ここのトイレキレイ?」と心配する。息子はきれい好きで、汚いトイレではしたがらないのだ。困ったなぁ。
[PR]
by hinihiniaji | 2006-11-16 22:59 | 息子と娘と赤子

佐川急便

 約6日間続いたテツオウの窯焚きがようやく終わり、平静な暮らしになった。今回の窯焚きは、ガス窯での志野焼きのお茶碗の試験焼きだ。来年、愛知県にある妙興寺というお寺での大きな法事に使う引き出物を頼まれている。その為の試験焼きだ。
 薪の窯だと、外にいる時間が長いので、私や子供たちが邪魔にはならないのだけれど、ガス窯は、台所の隣が作業場、そして、その隣にガス窯が置いてあるので、どうも、私達がいる事が煩わしいテツオウだ。言わせてもらえれば、こっちだって、ピリピリしている現場にいるのは煩わしいんだ。どこかに逃げたくなる。こんな時にはいつも、「あ~これなら岐阜の実家に非難している方がましなのになぁ」と思う。
 この家を建ててくれた青木の兄貴も「昌味っち、ごめんなぁ。この家は住む家じゃないんだよ。作業場として建てたから使い辛いから悪いなぁ」と言うので、兄貴に免じて愚痴は言わず過ごしている。
 しかし、私も今回ばかりは、窯焚きの長さを実感した。ふぅ~。ようやく終わったのに、また明日から第2弾が始まるとは末恐ろしい。今回に懲りたテツオウは、実家の両親に助っ人頼んだ。無論、子供の面倒を見てもらう為だ。
 それにしても、佐川急便の手際の悪さには驚く。今年になり、佐川さんと取引を開始し、伝票を作ってもらったが、小川哲央のオウの字を間違え「哲夫」とし、100枚こしらえて来た。間違ってることを指摘してもドライバーは誤るどころか、事務のせいにし、なんとも煮え切らない態度。まさか私はすぐに新しい伝票を持ってくると思っていたら全く来なかった。テツオウもよく間違えられるので、仕方がないという風で、「まぁいいよ」と言うので「夫」を直して使っていた。そうして時が過ぎ、残りが2枚となった。送る物があったので、ドライバーさんに伝票を頼んだ。その際に、「神田昌味」も作って貰いたいという事と、字を間違えない様にとくれぐれも伝えた。
 そうして、待つ事1週間。なんでこんなにかかるんだ?届いたのは「神田昌味」が200枚。我が家の玄関先でようやくこの現実を知ったドライバーは謝るでもなく、「同じのが200枚ですね~」と言っただけだった。「すぐに使いたいので小川のをお願いします」と言ったのに1週間経っても届けに来ない。仕方がないので私のを使ったのだが。
 流石の温厚な私もクレームの電話をした。「店長さんお願いします」と。でもいなかった。「今いらっしゃる中で1番上の方を出して下さい」と。でも出て来なかった。仕方がないので、電話に出た女性に話をしたが、当日、電話をかけるといった店長からは電話は無く、主任とやらが伝票を届けに来て謝っていた。私はお風呂に入っていたので出られずなんだか不発に終わった。
 私以上に温厚なテツオウは先方に謝らせておくだけでいいのに、「済みませんでした」と誤っている。非常におかしい。何かを出して来たから、お詫びの品かと思ったら、誤りに来たのに「お歳暮で使って下さい」と、パンフレットを渡して来たそうだ。こんな事ってある?
 まぁ、甘いんだね。佐川さんの仕事は。安けりゃいいんだろうとでも思ってるのか?
 そりゃあうちは、安い方が助かるからこれからも使わせて頂くけどね。ヤマトさんが同じ様に安くしてくれたらすぐに乗り換えるさ。ちぇっ!
[PR]
by hinihiniaji | 2006-11-12 23:36 | テツオウ

セントラルライナー

b0008478_105150.jpg

b0008478_105176.jpg

 名古屋駅で乗り換えて中央本線中津川行きに乗り込み恵那駅へ。名古屋駅の慣れた乗り換え通路を歩きホームへ行く。高いから避けて使わなかったセントラルライナー。快速運転なんだけど、座席指定がある。310円の「乗車整理券」を買うと座席は保障される。だけど、たいして到着時間は変わらないので損した気分になる。だから今までは余り使わなかった。
 しかし、最近、娘連れでの上京なので、疲れた帰り道に加え、通勤ラッシュ時の混雑を避けたい為に、席が保障されている有り難さから、つい310円を出し券を買ってしまう。
 そして、このセントラルライナーには「暗黙の了解」がある。みな乗り込むと、シートの頭部分にかけている白いカバーの角に、乗車整理券をさす。そして、「ただ今より乗車整理券を拝見致します」と言って車掌さんがさしてあるのを手早く見て通り過ぎて行く。 とても不思議な光景なのだ。
[PR]
by hinihiniaji | 2006-11-06 10:05 | 生活