人気ブログランキング |

2008年 04月 28日 ( 1 )

杉戸煎餅

b0008478_14363722.jpg

 叔母の引越しのお祝いと思い、テツオウの食器を贈ったら煎餅がお返しで届いた。うちにある物を送ったのに、お金を使わして悪いナァと思っていたら、草加煎餅ならぬ、杉戸煎餅!同じ東武線沿線だけあって、これが、草加煎餅の様に固くっておいしい。醤油、のり、青のり、ゴマ、唐辛子の五つの味が届いた。
 子供たちはのりの巻いてあるのを好んで食べ、私が病院から戻って来た時にはもう無くなっていた。
 4月20日、息子は私に大切な今日のおやつの醤油味の煎餅を渡してくれた。「電車の中で食べてね~」と。その日はまさかの陣痛で食欲が無く、ご飯も喉を通らなかったので、煎餅は食べる事が出来なかった。たった1枚の煎餅をお守りにし、寄せては返す波のごとき陣痛を歯を食いしばって耐え、無事出産を終えた時、「そうだ!息子がお見舞いに来てくれたら一緒に分け分けして食べよう」と、お守り煎餅をかばんに入れたまま、息子に会える日を楽しみにしていた。
 退院は5日後の25日だった。主人に大好きな遠足を納得して休んでくれた息子、娘、そして無謀にも宇都宮から車で来てくれた母が迎えに来てくれた。
 なんだかバタバタして煎餅どころではなく、その日は食べられず、やっと「分け分け」してみんなで食べる事が出来た。
 いい味がした。
by hinihiniaji | 2008-04-28 14:36 | 息子と娘と赤子