キウイオジサン

 2月11日(土)
 ドッカーンとキウイが届いたのは2週間くらい前。近所のおじさんからだ。近所といっても、車で15分位はかかる所らしいが、山一面にキウイとブルーベリーを植えているそうだ。私はまだ行った事がないので様子は分からないが、是非ともブルーベリー狩をさせて貰いたいものだ。主人いわく「いい人なんだけど、つかまると大変」なんでも、前は週に2回我家で酒を飲み、「紹介したい人がいる」と言って、いろんなところに連れて行かれたそうだ。
 さて、そのおじさん。我家に生まれたての新生児がいる事を承知で、キウイ2カゴ、餅米に、小豆、そして、お餅作りセットを運んで来た。「米はよって餅を搗いて、キウイはジャムにして、三分の一俺にくれ」などと言う。餅米は見たことがない位黒かった。初めは虫が付いている古古米かと思った。私も母も困惑顔。後に、この地の米は寒さの為育たず、精米機を通り抜けてしまうから、黒いと判ったが、当初は、「なんだろう、こんな大変な仕事」と思った。
 米をより分ける?この小さな粒を新聞紙に載せての手仕事。まぁ、私はやらず、もっぱら母と義父の仕事だったが。そうして、餅つき機で何とか黒い餅が搗けた。食べてみると以外においしい。
 あんころ餅にしようと、小豆を活力鍋で煮ようとし、最初から砂糖を入れてしまい小豆が固いままで大失敗。「あ~言うの忘れちゃったよ~。砂糖は煮てから入れないと固くなっちゃうんだよ~」と母。仕方がないのでミキサーで粉々にすると、不思議なあんこが出来上がり、これもありだなと新発見!粒が残っておいしく出来た。
 b0008478_4291121.jpgそしてキウイ。ぐじゅぐじゅになってる物をジャムにする。「まぁちゃんはやらなくていいよ~」と言うけれど、気になる。皮を剥いたキウイを入れ、1回目の試作品を薪ストーブの上に乗せた。これはガス代もかからず良い良い良い。鍋を見るとぼこぼこ丸いキウイが浮いている。これじゃあだめだと思った私は、すり鉢でキウイを潰した。これが当たりだった。おじさんの「キウイジャムは最後にレモンを絞って入れるといい」と言うアドバイスで、まぁまぁのジャムが出来た。ところが2回目、大きな鍋いっぱいに皮を剥いたキウイを入れた。私がまったく手を出さなかったら、アプリコットジャムになってしまった。ちょっと焦げちゃったし、キウイの色をしていない。これは大失敗。もうぐじゅぐじゅのキウイは無いし、仕方がないのでこれをおじさん宅に届けると、今度はおじさんが困惑顔。b0008478_4293126.jpg
 我家はみんなキウイが大好きなので、あんなにあったのにあっという間に少なくなったと思ったら、また1カゴ届いた。
[PR]
by hinihiniaji | 2006-02-11 04:31 |


<< 黒い餅 布オムツ >>