人気ブログランキング | 話題のタグを見る

般若心経

 何かに貪欲に打ち込みたい。「何か」って、何か。
講談の稽古も、本を読むことも、掃除することも、ミシンで雑巾を縫うことも、パソコンでブログを打つことも、なんでもかんでも、もうご飯なんか食べるのを忘れて、がががーってがむしゃらに!
 
 「出来ないの」
 「出来ないって言わないの!」
 「だって出来ないんだもの」
 「だってって言わないの」

 だって だってだって だってだってなんだもん~~~~~

 0歳児の子育ては、泣き声との格闘です。「何か」はすべてこの泣き声で中断されてしまいます。全国の赤ちゃんをかかえたお母さん。お元気ですか?
母が元気でないと、赤ちゃんはどんどん元気に泣きます。すぐ抱っこ。すぐおっぱい。うぎゃあ~と頭かきむしりたい時も、頑張りましょう!

 ヘイヘイヘイ マザー!どんな時も 笑ってガンバリマショウ!

 そんな風におどけながら、やっているんです~

 我が家は抱っこの手が、自由業の大きな手から、3歳児~7歳児までのちっちゃな手まで、いくつもあるのに、ふんぎゃあ~と、叫びたくなる日もあります。
 なんで泣くんだよ~泣かないでくれ~と。

 でも、何が貪欲って、この私がいなければ、この子は生きていけない。そう思ったら、貪欲に貪欲にひたすら授乳をすべし!

 そうなんですそうなんですと、自分に言い聞かせながら、今宵を過ごしています。

 息子が昨年1年生になり、寺子屋子供会と称して、毎月1回、お寺に行って般若心経を唱えています。子供は覚えが早いもの。あっという間に覚えてしまう。

 「私も息子に負けじと、般若心経が覚えたいな~」と、漠然と思っていたのですが、ついに、5月より毎朝般若心経を唱え始めました。きっかけが欲しくて、東京の成城にある一宮庵にお泊りさせていただき、朝、一宮庵の皆様とお経を唱えたのを始まりとして、毎朝やる事にしました。

 講談は覚えられても、お経はなかなか難しいなぁと、思っていたのですが、毎朝の訓練により覚えられるものですね!すっかり2ヶ月が経った頃には覚えられました。

 出来ないと思った鼻うがいの出来る女になって3年目。出来ない事など無いと改めて知ったこの夏です。

 この写真は、子供の隠し撮り!
般若心経_b0008478_23533248.jpg

by hinihiniaji | 2011-08-02 23:53 | 生活


<< 初高座ならぬ初唱え イクメン大賞 >>