<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

イクメン大賞

 大惨事の最中ではありますが、テツオウが岐阜県主催の「イクメン大賞」を受賞しました。
NHKの取材があり、テツオウや子供たちが、子供番組やニュースなどで放送される予定でしたが、ぜ~んぶ流れました。
 残念だけど、当然のことで...
 
 イクメン男子、荻原次晴さんとのトークショーや、我が家の3人の子たちが舞台の上で洗濯物をたたむところを披露した映像は、残念ながらお箱入りです。
 岐阜市にあるカラフルタウン岐阜での授賞式の後の記念写真の様子をぜひ見てくださいね!

 私は家で留守番だったけど、なんだか楽しかったみたいです。
もしかしたら、「また取材させてください」と、NHKの方から電話があるかもね!
その時私は「取材はOKだけど、番組のナレーションの仕事をくださいな」と言ってみよう!
(*^_^*)

 子供というものは、どんなことがあろうと、強い生命力を持っています。

 きっと、宮城でも岩手でも福島でも、そのあふれんばかりの輝きで周りを癒していることでしょう!

 優しく、優しく、たくましいニッポン!毎日祈っています。
[PR]
by hinihiniaji | 2011-03-22 22:49 | テツオウ

1週間

 地震から1週間が経ちました。
 あの昼下がりの午後、岐阜県恵那市山岡町にいた私も、なが~い地震に、気持ち悪さを感じたのでした。あの日は2歳児、3ヶ月の子、共に昼寝中。旦那様と顔を見合わせ、「私が3ヶ月の子、あなたが2歳児を」と言う会話をし、ドアを開け、窓の鍵がかかってないのを確認し、もしもの事に備えていました。
 まさか、このような日本中を揺るがす大惨事になろうとは、想像を絶していました。

 改めまして、被災に合われた皆様方、心よりお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられました方々のご冥福を祈りつつ、被災された方々の一刻も早い心の平穏を願っています。

 多かれ少なかれ、被災された方々の中に、家族、親戚、友人知人といらっしゃる事と思います。本当に祈るばかりです。

 こういう時に、言葉というものがどれだけ伝わるのか、という事を思いつつ、これを書いています。あまりにありきたり過ぎて...

 私の実家は宇都宮です。現在は母1人で日光市(元の今市市)に住んでいます。母は恐くて外に出、無事でしたが、家の中は相当ぐちゃぐちゃになったようです。余震が続き、恐くて家にいられず、母の実家に避難をし、数日過ごし、今、片付け物の真っ最中。
 小さな子がいて、手伝いにも行けず、なんとか1人で頑張っていることでしょう。

 我が家は夕べ、3日ぶりにお風呂に入りました。価値観というのは人それぞれで、それぞれだから、面白いのですが!

 作陶に精を出し、1週間だって、10日だって、平気でお風呂に入らない旦那様と結婚したお蔭で、水の大切さを学びました。何しろ、我が小川窯の最初の家は、糸のようにしか出ない水を、1日かけて汲んで、その日にはお風呂に入れず、次の日になる、という状態だったのです。
 水の大切さを学ぶため、我が家の夏以外の季節は、お風呂は2日置き!冬場で子供たちが風邪なんか引いた時には、3日起きも普通となりました。

 「今、避難している人たちはお風呂なんか入れないんだよね」の私の一言で、2日置きのお風呂から、3日置きのお風呂になりました。少しは節電出来たかしら。
 子供たちも、地震、避難、と飛び交う言葉を耳にし、子供ながらに感じ取っているようです。

 募金と節電がしばらくの生活の一部です。


このコロコロふくろうで、苦労が癒されますように!
b0008478_9191377.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2011-03-18 09:19 | 生活

世界中のみんなが!

 「いいことするといいことがあるよ」

これは、我が家のテーマ!

 今日も「いいことするといいことがあるよ~」と、言っていたら...

 おやつの時間になって、

 先日、主人の実家の近所の方からいただいた「コアラのマーチ」を子供たちが思い出し...思い出してしまったのだから仕方がない。

 「食べていいよ~」と、私。
 「まぁちゃん(昌味の事です)も食べる?」と、食べて欲しくなさそうに息子が聞くので、(取り分が減るものね~)
 「いらない。絶対にいらない」と言ったら...

 「まぁちゃんにもあげる。まぁちゃんにもあげる」と、呪文のように唱えた息子は、お兄ちゃんらしく、人数分のお皿をだし、同じ数のコアラのマーチを分けた。1人4個。ぴったり4個!

 私のところに持って来たコアラのマーチには、コアラの絵と一緒に、『めっちゃすき』『すき』と書いてあった。

 「誰がまぁちゃんのこと『めっちゃすき』なのかな~?」と、聞いてみると、
7歳男子「世界中のみんな」
 「世界中のみんな?うれしいね~」
 「じゃあ、『好き』は誰が好きなのかな~」
7歳男子「日本中のみんな」

 「じゃあこれはなんてかいてある?このえいご?」と聞くので見てみたら、『LOVE』
 「ラブって書いてあるよ~ラブは誰かな~」と言ってみたあたし。なんと言うかな~と、楽しみにしていたら、
7歳男子「ラブはコレ(手でハートを作り)だから、もちろんてっちゃん(我が愛する夫のこと)さ~」だってさっ!

 お見事!

 なかなか素敵な7歳男子になりました。

 4個目のコアラのマーチは、英語なのか何だかわからず、理解不能、調べるのもめんどくさく、うやむやにしてぱくっとおいしく食べちゃいました。でへへ!
b0008478_0441116.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2011-03-06 23:25 | 息子と娘と赤子

ようやく

 ようやく...本当に「ようやく」と言える日がやって来た。

こうして夜にゆっくりパソコンに向かい、自分の事が出来る日が戻って来た。

 生まれたての息子ちゃんも、もうすぐ3ヶ月目に入ろうとしている。笑顔が出て来て、語りかけると「あ~」とか「う~」とか言ってくれるので、ここからどんどん楽しくなる子育て、幸せな日々だ。

 旦那様が楽天にショップをオープンしたのだけれど、こんなにネット販売が勉強に勉強で、大変なものだとは理解していなかった。それに、私が、小川窯のページを作る事になるとは、まったく考えていなかった。

 なにしろ、得意ではないし、自分のホームページを友達にお願いして管理してもらっているくらいだから、出来ることなら、そう触らず...メールが出来ればいい、あとは全部誰かにお願いしよう、という魂胆のある私が!!!

 こんなに頭をフルに動かして、HTMLタグから始まり、ホームページビルダーやウェブアートデザイナーを使い、小川窯のページを作って行くことになるとは...人には、どんな道が目の前にあるのでしょうか?判らないものです。

 いや~驚いています。

 軽く、「ネット販売なら楽天が1番いいよ~」と、言ってしまった責任があるのです。相談をされた時に、「やってみよう」と言って押した責任があるのです。すべてのパソコン仕事をやる事になったけど、弱音を吐けない。泣きたくなるような日々だったけど、泣いている暇がない。
 
 だけど、ようやく、作品の写真がキレイに入れ替わって、ちょっと落ち着きました。

 見てやって下さい。小川窯~昔ながらのやきもの屋~ ハハ!宣伝です!

  昨日の徹夜仕事で2月から3月の情報に入れ替え、ホッとしています。受験勉強の時みたいに、眠い目をこすり、ぶるぶる震え、顔をなで、叫びたくなるような、ちまちましたアルファベットの数々を目を凝らして見て、脳みそが生まれ変わった気がします。気が付いたら、朝4:30になっていました。
 まだまだやる事も、やりたい事もあるので、日々ページは変わっていくと思うので、見守ってください。

 「芸人昌味、なーにやってんだよ」自分で思う時もあります。

 だけど、「すべてを受け入れる」これが、4人目のお産で学んだ事。男性を受け入れ、赤ちゃんを受け入れ、女という者の使命を果たし、産後の体に鞭を打ち、慣れない作業をするのも意味ある経験なのでしょう。

 経験の力は大きい!

 絶対にこんな事してはいけません。生まれたての赤ちゃんと、ゆったりとのんびりと過ごす事が、精神的にも、おっぱいにとっても、ベストに決まっています。
 
 やっと、「すくすくと育っている」と言えるようになったのは、2ヶ月を過ぎた頃でした。それまでは、なんだかおっぱいの出も悪いし、私のストレスが移ったように泣くし...体重は増えないし...(私の体重は増えたけど)

 私はしょっ中授乳で眠れないし。寝たとしても、座ったまま固って...

 何故に、こんなベテランな母親なのに、何故に、こんなに心配になったのだろう?というほど、この、4人目ちゃんの子育て2ヶ月間は苦しかったな~。
 
 毎晩楽天の夢を見て、頭の中は、あれもしなきゃこれもしなきゃ、パソコンに向かう姿ばかり。

 だけど、もう大丈夫です。私も落ち着いたけど、赤ちゃんもすくすく育っています。

 こうして頑張れるのは、私がパソコンに向かっている分、旦那様は家事育児のほとんどをやってくれているから。この3ヶ月ご飯を作っていない昌味です。

 私を「パソコン大臣」に任命してくれたけど、あなたには「イクメン大賞」「ベストファーザー賞」をあげましょう。
b0008478_0125011.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2011-03-02 00:11 | 生活