<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

中野方講談会

b0008478_23225072.jpg

b0008478_23225043.jpg

 今年は恵那市で講談をした回数が過去最高の数になりました。ありがとう恵那市民の皆様!(ハートマーク!ハートマーク!ハートマーク!)
 恵那北中でスポーツクラブ新設記念の会を皮切りに、武並コミュニティセンター、野井公民館、中山道広重美術館、みのじのみのり祭明智会場、東野公民館、そして本日、中野方コミュニティセンター。恵那市での昌味講談視聴率記録更新中です。東濃というくくりで講談会100回を達成したら記念の講談会をやろうかなー...などと夢がふくらみます。只今ざっと数えて23回です。恵那出身の太鼓操者太鼓のたくちゃんは、世界一になった記念に、地元のみなさんに太鼓を身近で感じて貰いたいと、今年、恵那市内の家庭を回り太鼓を叩いています。12月31日に1000回を達成する予定とか。太鼓のたくちゃんは大きく出ましたが...私は100回にしておこう。それに、たくちゃんみたいに期間限定にしません。いつ達成出来るかは、恵那市民の皆様のお声にかかっていますー!
 講談!講談!講談!と口に出して唱えましょうねっ!多分...何かの役の長となっている方の前で唱えると、より効果大でしょう。
 今日は中野方に住む木工家の方が旦那様とお友達というご縁で、恵那市中野方迄行って来た。きちんと地図を貰ったのに、なまじ北中迄一人で行っているからと、違うルートで走らせてしまった。
 我が家の坂道を下りて行くとぶつかる国道418、その国道をひたすら進む事25分。国道とは言え、途中ケモノ道みたいになる。舗装はしてあるけれど、すれ違うのが困難な所があったり、これって夜中だったら相当怖いなーと言う道だったり...でも一人で往復したし、それに何より信号が無いから時間短縮になる。迷わず行ったのに、道に迷った!心は迷わなかったのに道に迷った!
 この赤い橋、一台しか車が通れない。運良くだーれも来なかったからすーっと通れた。だけど、この橋を右に行かなくちゃいけなかった。左に行ったからおかしくなった。しかも二股を右に上がって行ってしまった。飯地高原!飯地ってあのみのじのみのり祭で食べた、いもがいもち(←この名前ニアミスしていると思う。覚え辛いと思っていたら、やっぱり覚えてなかった...すみません!後で調べて訂正します。)を出している飯地だー!と、頭をかすめたのだけれど、えっ?そんな高原なんて通らなかったよ...間違えた!と、引き返す。そうだよ、上になんて上がらなかったさー、と下の道へと行ったのだけれど、あれれー?と、また頭の中でクエスチョン!こんな所通らなかったような...と思ったけれど、ひたすら行き着く所迄行ってしまった。ついに出ました「この先行き止まり」あぁ...やっぱりね...だってこんな道通らなかったもん...車の通りは無いし、行き止まりだなんてちょっとコワッ、ドキドキしながら今来た道を引き返し、やっと北中周辺へたどり着き、たこ焼き屋さんを見て左に曲がり、頂いた地図通りに進む進む→→→→→進む→初めての道は緊張
します。途中、たくさん車が止まっていて、人が集まっている。あれ?ここ
かな?なーんて思ったらみんな黒服黒ネクタイで、おっとここはお葬式か、などとあれこれ見ながら、どこかなどこかな→→→と進んで行くと、マイクロバスが2台止まっていて、これはもしや送迎用?といらん事を考える。そうじゃないそうじゃない、郵便局の隣、郵便局郵便局と唱えていると、今度は赤い物に反応し、消火栓を見付けたり...なーにやってんのー!と一人ボケとツッコミを繰り返し、相方がいなくても、昌味は世話がいりません。
 無事にやっとたどり着き、頑張らせて頂きました!中野方の皆様ありがとうございました。
 「この先行き止まりの先はダムだからねー」と聞き、なんだか自分がダムへ落ちちゃうところだったんじゃないかと想像し、想像の世界では車がダムのぎりぎりの所迄行ってしまったので、もっと「コワッ」くなりました。
[PR]
by hinihiniaji | 2009-11-29 23:22 | 講談

薬研堀不動院

b0008478_16312252.jpg

b0008478_16312244.jpg

 という訳で、薬研堀不動院奉納講談会高座を下りて一息着いている、昌味です。体からは講談風がほやほやと出ているんじゃないか、という出で立ちです。ハイ!何しろ着物のまま薬研堀不動院を後にし、超特急で新幹線に乗りました。えぇちょっとお後が...名古屋で...手羽先で有名なあの店のお座敷で...なーんてさっ、売れっ子芸人気取りで颯爽とのぞみに乗りましたよ。乗ったけれど...行き先は確かに名古屋、いえいえ、通り越し、恵那...ハイ恵那、自宅、ハイ自宅!...いえいえ自宅に荷物だけ置き、出掛けますよっ!集会所!田舎の集まり、月に1度の組寄り合い。ふぅ...今日はその為にこんなに急いで帰るのです。いつもは旦那様が出ている組寄り合い、今日は旦那様がどうしてもの予定が有り、私が代わりです。なんだかねー...だって、昨日上京したんですよあたしは...いつもなら3、4日いるのにねっ!でも仕方ありません。今我が家の主はとっても忙しい窯焚きシーズンなのです。今日はきっと、窯詰めという窯に作品を入れる作業をしていたはず。それにプラスして、今日はどうしてもの保育園の役員会、という名の元に集まる飲み会、ええ
っー!だけど、そんな繋がりが大事なひと学年わずか30人足らずの山岡町。しかもだっ!「前回小川さんが飲み会に来られなかったから、今回は小川さんの為にまた企画しましたー」などと幹事さんに言われちゃったら、断れないよね?窯焚きだって言ったってね?ハイハイどうぞ思う存分飲んで来てねだぁりん様!あたしゃ寄り合い出るからよー!
 あぁこれからあたしゃ新幹線の中にある多目的室で着替えますよー!早く車掌さん来ないかなぁ...
[PR]
by hinihiniaji | 2009-11-28 16:31 | 講談

末広亭

b0008478_923557.jpg

b0008478_923565.jpg

 昨日は念願の松鯉兄の高座を勉強させて頂きに新宿の末広亭に行って来た。10日間、赤穂義士伝で主任を務めている。業界の符丁で「とり」と言うが、いわゆる真打、主任と言って興行の最後に出演をする事を言う。
 過去にも兄弟子がとりと言うのがあったのだが、なかなか都合が付かず勉強が出来なかった。昼席は広小路亭の花便り寄席だったので、阿久鯉に「勉強させて頂きに行こうと思う」と伝えると「ご一緒に...」などと調度良く話が合って2人で行って来た。
 演題は「大高源吾」。両国橋で大高源吾と俳諧師宝井其角が出会うことから始まるお物語。私もやる義士伝で好きな話だ。小円右師匠がいらしてて久しぶりにお目にかかり、下座さんの席で座って聞きなさいとおっしゃって下さったので、しっかり勉強が出来た。
 それから、末広亭には私の大好きな火鉢がある。前座の頃火をおこすのが大好きだった。久しぶりにごたいめーん!したので写メを撮った。手前に少し写っているのが、金太郎師匠のお弟子さんで熊八さん。初めて会った。(漢字合ってるよね?他にクマハチなんて考えられないよね?)それから奥が紫お姉さんのお弟子さんであっぷるちゃん。青森出身だから、あっぷる!だけど、八戸出身なので林檎は栽培してる所が無いんだって!...ねー!...青森だからってみんながみんな林檎って訳じゃあないのですね!
 だけど、この携帯の写メ、イマイチ性能がアヤシイから、写ってるんだかなんだか判りませんねっ!
 今日は薬研堀不動院で赤穂義士伝の「天野屋利兵衛」頑張ってきまーす!
[PR]
by hinihiniaji | 2009-11-28 09:02 | 講談

フェリシモ×きくちいまさん

b0008478_1444215.jpg

 フェリシモという通販を毎月取っている。今は500色の色えんぴつをコレクション中!これは、「友割」というキャンペーンを見て、もう欲しくって欲しくってたまらなくなったのだ。毎月25本ずつ届くのだけど、25本1800円。×20ヶ月!だから躊躇していた所、ナントなんとの友割りで1000円になっちゃう。誰か友はおらぬか友は...妹のきよちゃん...断られ...誰か誰かおらぬか...ヒラメイタ!茜お姉さん!確か、フェリシモ取っていたなーと思い出し尋ねてみると、ナントなんとOKだったのです!バンザーイ!
 そんな訳でただ今50本の色えんぴつを確保中!ネーミングがとってもトキメク感じやぐっと来る感じやキューンと来る感じやメルヘンチックな物などになっています。色えんぴつに書かれている名前を読んでいるだけで、なんか乙女になってしまいます。また今度ブログアップしましょう。
 今月届いたフェリシモの中には、楽しみにしていたアームカバーがありました。それはフェリシモとコラボレーションした「きくちいま」さんデザインの着物に似合う物です。イラストレーターであり、着物本を何冊も出している「いま」さん。ご自身はほぼ毎日着物生活をしている方。我が家と同年代のお子ちゃまが3人いらして、多方面で活躍されていて、ホントに素敵な方です。
 「きくちいま」さんデザインに反応してしまい、即申し込みをしました。何色が届くかな?どんな柄かな?楽しみに待っていました。
 今月は、カーキ色の椿柄!
 「きくちいまさんよりひとこと情報」
椿の柄は、日本では室町時代から着物の柄や茶花として使われており、日本人になじみの深い柄です。椿の種から採取される椿油は、日本の女性の豊かな黒髪をすこやかに保つことから、「日本女性の美しさ」の象徴とされることも多くあります。
 椿の柄は10月から4月頃までと、長く使える季節の柄だそう。私は冬場限定な気持ちになっていたので、勉強になりました。今まさにこの季節にピッタリの柄って訳ですね!
 今日は広小路亭花便り寄席、着物を着たので写メを撮りました。明日は薬研堀不動院終わった後、超特急で帰らなければならないので、大活躍しそうです。だって、外歩きは袂がスカスカして寒いから...それに、寒い所に帰るから必需品です!いい物が見付かって良かったー!! 
[PR]
by hinihiniaji | 2009-11-27 14:44

3歳児のある日の会話

 「てんとうむしがいたよー」
 「そう!またいたー」
 「うん、まどのところにいたー」
 「サンバ踊ってた~?」

 3歳児ちょっと考えて、

 「1個だよー」


 暖かい日の2階の窓に、うじゃうじゃ張り付くてんとう虫。もう嫌んなっちゃうくらいのうじゃうじゃ!!100や200じゃないくらいのうじゃうじゃ!!びっくりです!いくらなんでも「て~んとうむしが踊りだす~~~」な~んて歌ってる場合ではありません。毎回歌っちゃうけど...
 そんな素敵な田舎暮らしです。
[PR]
by hinihiniaji | 2009-11-24 00:22 | 息子と娘と赤子

窯の炎

b0008478_15115395.jpg

b0008478_15115355.jpg

 久しぶりの伊賀の窯焚きです!炎が美しいので写メを撮ったけど、携帯ではあまり表情が出ないので、改めてデジカメで撮ろうと思います。
 4日間の窯焚きの前半は父やお手伝いのヒロと交替をし、3時間程仮眠しますが、後半はずーっと窯場にいて寝ずの窯焚きです。いろいろな焼き物がありますが、薪の量もたくさん使うし、焚き方が激しい伊賀焼は本当に大変な窯焚きです。
 友人で大学生のヒロ、てっきり小川の弟子になりたいのかと思ったら、「こんな大変なのはやりたくない」そう。なーんだ!やりたいやりたい言うヒロをこちらが断ってばかりいると思ったら、やりたくなかったのか...ヒロにはもっといろんな可能性があるし、第一給料が払えない小川窯では、もったいないと、そう思って断り続けていたのかと思っていたら...相当の情熱がないと焼き物なんてやれないね!
 年々体力が衰えてくるのを感じる年代となり、主人はついに来春から弟子を取る事にした。私はおかみさんになるのか?陶芸界はおかみさんとは言わないか!奥さんか?どっちにしろそんな呼び方されたくないなー!
[PR]
by hinihiniaji | 2009-11-22 15:11 | テツオウ

本牧亭

 久しぶりの本牧亭でのトリだった。最後に出演する責任者をトリと言ったり真打と言ったり、或は「本日のお掃除番」なーんて言ったりする。我々芸人は「トリ」と言う事が多いかな。
 大きい小屋でも小さい小屋でも、何故か「本牧亭」の箱の中で講談をするというのは非常に緊張する。この緊張感はなんなんだろう。歴史か?過去の歴史を背負っているという重みを感じてしまうのかもしれない。なまじ昔の本牧亭を知っているから余計感じるのか?
 この、なんとも言い難い緊張感について考えてみた。
 昔は上野広小路にあって、客席は桟敷で広く、200人は楽に入れる所だった。楽屋も広く、20畳有り、しかも、トイレや流しは別。まぁそんな間取りはどうでもいいかな?でもこれって、中にあるのと、外にあるのでは広さが違う。楽屋での前座修業も広々した中でたくさんの事を教わった。そして、打ち上げは決まって下の料理屋さんの本牧亭。牛丼、厚焼き玉子、しらすの天ぷら、等と懐かしい料理が思い浮かぶ。
 今は昔と違って、20入れば満員という小さな小屋だ。緊張に小屋の大小は関係ない。
 明日はトリではないので、緊張感は和らぐだろう。明日も頑張るぞー!

 もし、急にお越し頂ける方々がいらっしゃいましたら、諦めず、「昌味さんに割引の葉書を頂く事になっています」と言ってみて下さいね。少々の割引が叶うと思います。それに、昌味の株も上がりますし!
[PR]
by hinihiniaji | 2009-11-14 21:46

本日の楽屋便り

b0008478_1747181.jpg

b0008478_1747147.jpg

 とっても素敵なマダムを武蔵野線の中で見付けました。Gパンが良く似合っていて、おしりの格好も良くて、多分60代。落ち着いたオレンジ色のオーストリッチのやわらかそうなバッグを下げ、髪も短めにさっぱりカット。カラーもキレイ。あぁ、ただ残念なのは、ジーンズの裾が自分サイズではなく、4㎝程折ってあった事!非常に残念!折る行為とマダムは不釣り合いだったのです。
 そんな、昌味チェックが入る車内でありますが...
 今日は小平駅近くのルネ小平での西武信金お笑い寄席へ出演しました。
[PR]
by hinihiniaji | 2009-11-13 17:47

すまいる占い処

b0008478_9443596.jpg

 昨日は新横浜駅を下車し、バスに15分乗った所にあるトレッサ横浜まで行った。目的は「すまいる占い処」だ。
 前に自由が丘講談会を企画して頂いていた、お姉ちゃま的存在のさっちゃまが、占いのスペースをオープンさせたのだ。今年の夏にオープンしたのだけれど、なかなか立ち寄れず、やっと昨日行けた。
 初めてのトレッサ横浜、初めてのすまいる占い処!!占いのスペースはちょっとしたネイルサロンみたいで、箱の中で隔離されてひっそり、というイメージを覆し、オープンオープンな感じ!「ワンコイン占い」という企画をしていて、500円で占って貰えた。(多分ね...私は支払いはせず...オーナーのさっちゃまが払ってくれました...)手相占いでした。人と接する職業が合ってると言って頂きました。その手相の先生は私の職業が講談師とは知りませんが、なんだか、久しぶりに占いと接し、楽しかったでーす!その他いろいろ聞きましたが、プライベートな事なので...シークレットですぅ...ふふふ...
 おみくじが無料で引けました。中吉でした!「中吉が1番良いのよー。これからどんどん上がってくのよー」と先生方。なるほどねー!とってもいい言葉なので、ブログアップしました。
 「人生は苦も
   樂も
  あるから
   生きられる
  人生は前向きが
   いいね」
[PR]
by hinihiniaji | 2009-11-13 09:44