<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4人目

 赤ちゃんがお腹にいる時から、「4人目4人目」と、呪文のように唱えていた。1人目生んですぐ2人目と思ったし、2人目がお腹に入る時から3人目もと考えていたし、3人目妊娠してすぐ「4人目も」と主人に向かって説得していた。
 主人がやっと言葉を発したのは、妊娠後期の事。「むごすぎるよ~」ムゴイ?何が?と思って聴いてみると、「お腹の子の事だけ考えていればいいのに、2人の幼子がいて、育児に家事に忙しく、その上お腹の子の事も考えて、その年で見てられない。むごすぎる。」
 ってな言い分。
 な~るほど!そんなに私、疲れてる?
 だいたい主人は、子供が10人欲しいと言ってのけたお方。私と結婚が決まり半分の5人に減った。年齢を考えて諦めた。妊娠中も含めて、子供を育てて行く事を簡単に考えていた主人は1人目の長男誕生後に大変さが解り、目標の数がまたまた減り、3人になった。
 それなのに、私が増やした。目標4人!ははは!
 だけれど主人は、私の呪文を聞くたびに、「いや~3人、3人でいいでしょう。仕事がしたい。」と。主人は、子供の数が増えるたびに自分の仕事量が減って行った。
 どんどん陶芸の道を究めて、お金も稼ぎたい、有名になりたい、あれもこれもと、大いなる夢を掲げていた。だからこそ、子供、乳飲み子や幼子がいるうちは、なかなか仕事がはかどらない為、自分の計画が狂うとイライラを募らせていた。何しろ、我が家が仕事場、しかも、台所の隣が作業場。ワイワイがやがやでは集中仕事は出来やしない。
 しかし、不思議と2年前くらいから、気負う事無く、すべての欲が消えてしまい、自然体で仕事が出来るようになっていった。諦めもあるが、それは、父親としての成長だと私は思っている。有名になろうとかお金とかは、どうでも良くなった、と。
 いい物を作っていれば、それを買ってくれ、大事に使ってくれる人が現れる。それがこの上ない幸せなんだと。
 あ~んなに、花器や茶器の作家だ~と、私の前でえらそうに言っていた陰は今ではない。挙句の果てには、雑器の作家でいい、とまで言い出した。本当に心から人に使ってもらいたいんだそう。
 そして、赤子の世話で手一杯の私に代わり、どんどん育児に関わってくれている。あんなに嫌だと言っていた保育園の参観日にも私の代わりに出席してくれた。送り迎えも毎日してくれている。
 そして何より、家族のいる空間の至福を悟ってしまったようだ。
 
 3人目が生まれた後、私は、「4人目4人目」と言う呪文を唱えるのを止めた。理由は、出産の時の陣痛がとっても苦しかった事。今まではすぐに忘れてしまったのに、なんだか今回は、いきまず出来た最高の静かなお産だったのに、痛みはきつかった。だから、後2年後、またこの痛みが...などと考えると、どうしても呪文が口から出てこなかった。
 b0008478_2254289.jpgところがどうした事か!1ヶ月健診で岡崎の吉村医院に行き、吉村先生と会って話をした主人は、自分の口から「授かる事が出来たら4人目もまたお世話になりたいです」などと言ってるではないか!「作戦成功!」的な勝利の誇らしい気持ちになった。
 しかし、いつ気持ちが変わったんだ?聞いても答えははぐらかす。もしや、女の子だったから男の子が欲しいとでも思ったか?いや、そんな事ではないな。どうも、主人にとっての女の子は特別らしく、男の子はどうでもいいけど、女の子は「絶対に守る」とか言ってるし。それに、4人目の女の子の名前を口にしていたからな~。
 とすると今回のお産で、お産の極意が判った私のように、主人も何か父親として悟ったか?
 しかし、陣痛の痛みは時の流れと共に去っていくもの。2年後4人目出産を目標に、頑張らせて頂きます~。
 友達が言った。「3人目で止めとこう。4人目って言うと、5人目6人目ってなるよ~」

 息子は、3人目が女の子と判ると、第一声「負けた」と言った。我が家の家族構成、男2:女3で女の勝ち、という意味で。そして近頃、妹を抱っこしたりなでたりして、優しくかわいがってくれているのだが、「男の赤ちゃんが欲しい」と言い出した。
 「神様にお願いしてね」
 
[PR]
by hinihiniaji | 2008-06-29 22:52 | 息子と娘と赤子

初参り

 お宮参りならぬ、初参り。
先日、晋山式を終え、晴れて住職となった、じきじゅ和尚に有難いお経を読んで頂く。
こちらも初参りならば、あちらも、初めての初参りでのお経だろう。しかも、赤子の父、前厄にて、厄払いのお経も読んでもらう。こちらも厄年ならば、お経を読んでいる和尚も厄年。
 
 私は、久し振りに着物を着た。あ~幸せ。
 晋山式の時も着たかったが、稚児行列で時間がかかる為、断念した。今回は、初参りで孫を抱っこ出来ない母を偲んで、母に誂えてもらった着物を召しました~やんわり上品なピンクと緑の花柄の着物なので、こういうお参りにはぴったり!
 8月から仕事再開、産後お腹がすいてすいて、食べちゃうので、なかなか体が戻らない。ちょっとでいいから、やせないかなぁ!
b0008478_934562.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2008-06-10 09:35 | 息子と娘と赤子