<   2004年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

窯焚き

 11月26日(金)
 私の父は42歳の厄年でこの世を去った。私は12歳だった。母は34歳で三人の子を持つ未亡人となった。私は今34歳だ。母は若くしてあくせく働く父となった。42という年に恐怖を覚え、母が42になる年を越した二十歳の私は、心の底から安堵した。
 父は心不全という突然死だった。良く考えてみれば過労死だったような気がする。これは私の勝手な想像なのだが。朝起きると父はだいたいいなかった。早くから仕事をしたり、今時分なら好きなきのこ採り。ナマズも取ったし、イナゴも取っていた。季節季節の楽しみをしたりしていた。農業もしていたし、仕事も体を使うガテン系だったので年中真っ黒だった。父は働き者だった。そんな父を私は追いかけていた。

 哲央を見ていると父とダブル事がある。朝起きると必ず哲央は仕事をしている。色は白いが働き者だ。私の恐怖が甦る。長く生きて欲しいと心から願っている。私の命をあげたいくらいだ。この人はどんなに仕事をすれば納得するのだろう。
 
 昨日から過酷な窯焚きに入った。3日間寝ずの日々。窯焚きをするほどに吹き出物が出、髪は白髪が増す。以前会った多治見工業高校で陶芸を教えている先生が言った。「小川くんの仕事は50人分の働きをしているねー」私は明確な数字を出して貰い成る程と思った。時に私は哲央の働き振りを宇宙人のようだと例えるが、超人的には変わりない。1日に講談を50席やったら気が狂ってしまう。過去に一晩で12席の講談をやった事があるが、へとへとだった。もう御免だとも思った。
 今まさに哲央はその超人的な窯焚きをしている。ほとんどの陶芸家がたくさんの焚き手を頼み、交代制で、呑んだり食べたり宴会をしながらやるそうだが、小川窯はとても神聖な窯焚きだ。たった1人で炎との勝負。
 さっきコーヒーを届けた。生存確認終了。
[PR]
by hinihiniaji | 2004-11-27 01:05 | テツオウ

熱!

 11月20日(土)
 今日我家へ4人のお客さんがあった。
まずは、朝7:30過ぎから彼女を連れて久し振りにやって来た従兄弟のたかしくん。今日はたかしに金メダルのお祝いに飛騨牛をご馳走するヒダ!
 たかしは、10月に行われた岩手の技能五輪で見事に優勝し金メダルを貰った。来年の5月、世界大会の行われるフィンランド行きのキップを手にした。毎日毎日プレッシャーと戦い勝ち取った栄冠は20歳の男にしては素晴らしい物がある。物作りにこだわるだけあって、我家での初めての陶芸はこれまた見事!うちの弟子に欲しい。心から欲しい。今時こういう若者は探しても見付からない。熱い男だ!
 家も近所で兄弟の様に育ったおねぇちゃんとしては、ベタボメな感じ!うちのだぁりんも弟子に欲しいと言うが、本人は石の世界に熱中してるから、なんと言っても無理な話なのだが。本気で欲しい。
 最近熱い若者がどれだけいるのだろう。会いたい彼女とも会わずして、ひたすら細工の練習に時間をかける。でもまぁ、彼女作っている様じゃまだまだ甘いなどと言われる方もいらっしゃるかもしれないが。そこは大目に見よう!彼女は気の聞く可愛い子だったから。
 
 そして、夕方現れたのは、土で現代アートをされているだぁりんの知人が小学校の先生を連れて来た。先生には見えない興味津々質問攻めの年の頃なら20代後半の女教師。(きっともっと若いだろう)デスクワークのをしているOLにしか見えない感じ!
 でも、どうして我家に来たかにちょっと感動。社会の先生らしく、岐阜県の地場産業の陶芸に関する事を取材して、子供達に伝えるそう。自分の貴重な時間を使い、わざわざ足を運び、大量生産の窯や、個人の窯、うちの様な登り窯、陶芸家と言われる人の生の声を聞き授業に役立てると言う。最後には、どんな職業でも、行き着く所の「人」について学ぶと言う。
 「芸は人なり」と我が師匠が言った言葉がある。先生にこの言葉を贈った。
 熱い先生に会え、とてもうれしくなった。知識なんかどうでもいい。この「熱」がきっと生徒の心に焼き付くと思う。
[PR]
by hinihiniaji | 2004-11-21 01:05 | 生活

お経

 11月13日(土)
 昨年亡くなっただぁりんの祖母の一周忌の法要だった。明治42年生まれ、亡くなった師匠と同じ年の生まれだ。94歳の大往生だが、あと4ヶ月頑張ってくれたらひ孫の顔を見る事が叶ったのに、とても残念だった。きっと、おばぁちゃんも無念だったろうと思う。
  「男でも良し、女でも良し」昨年10月の末、お見舞いに行った私に、お腹を見ながら言った言葉が思い出される。こう言った後で、「男かもしれん」私を見据えるように見た瞳が印象深かった。その頃はまだどちらとも判らない時だったのだが、女三姉妹で育った私は男の子が欲しかったからなんだかうれしかった。
 生まれ来る子を必ず守ると言ってくれたおばぁちゃん。果たして男の子が生まれ、時折り天井の隅を見てニヤッとする息子を見て、「ひーおばぁちゃんが来た?」などと言って私も一緒になって見上げる。
 息子の耳はおばぁちゃんそっくりの良い耳らしい。耳にだけおばぁちゃんが現れた。
 
 しかし、浄土真宗のお経は長い。30分みっちりやった後、休憩を挟んで又30分。今日は忙しかったらしく短くしたらしいのだが。それにしても何とまぁと思ったのは、ごえん様(...と皆は呼んでいる、ご住職の事)の大きな声。お経がとても有難く聞こえる。昔はもっと大きな声だったそう。これだけ一生懸命あげて下さる方に出会った事はない。しかも、なかなかの美声!しかも、休憩30分ずっとしゃべり通し。休憩にならないんじゃないかと思うが、こうして人々と話す事で交流が深まるんだなと思った。合計2時間は声出しっ放しのごえん様。素晴らしい。
 帰り際「講談はまだ休憩かい?」と聞かれたので「もう始めてますのでいつでも呼んで下さい」と答えた。今度は私がごえん様の前で大きな声を張り上げよう!
[PR]
by hinihiniaji | 2004-11-14 00:36 | 生活

勝川家での講談

 11月9日
 一昨日、城下町の名残を残す「勝川家」で講談をした。江戸末期からの大きな商家であったが、今は立派な屋敷を町が運営している。我家へお客さんが来た時は、クルまで20分の距離の岩村町へ案内するが、ここ勝川家も良く行く所の一つだ。木村邸と土佐屋もそうだが、町のボランティアのおじさんが丁寧に説明してくれるのもうれしい。
 ここで好きなのは大正モダン風になっている裏手の喫茶店だ。でも、今はその名残だけがあり、哀愁漂うガランとした雰囲気。誰かが早く営業してくれないかなぁと思う。
 産後の初仕事をしたのも岩村町の公民館だった。岩村町では今年2回目のお仕事だ。2回共に教育委員会がかかわっている。この世の中で今教育が大事だ、教育を見直そうと言われているが、講談師を使ってくれるなどとは、なかなかの教育委員会だ。今度は是非、中学生に聞かせたいと言って貰った。私は中学生どころか小学生の前でも幼稚園生の前でもやった事があるし、むしろ子供達の前でやりたい方なので、是非是非お願いしますと言って来た。 
 私は、近々、親子で聞ける「小さな講談会」をこの恵那の土地でやりたいと思っている。
 映像社会、視覚から入る事が多いこの世の中で、講談のように耳から入り、想像力をかき立ててくれる物がどれだけ素晴らしいかを、是非実行して行きたいと思っている。脳細胞をフルに活動させ、鍛えてくれる物の一つに講談があると思う。
 良いですねー、やりましょうというのは簡単、実現するのはなかなか簡単にはいかないのはわかっているが、子供達の良き未来の為にお願いしたい。
[PR]
by hinihiniaji | 2004-11-09 09:53 | 講談

松山空港で

 11月3日
 帰って来ました。松山から。2年ぶりの松山は変わらぬ温かい良い町。
空港に午後6時。7:15の名古屋行きにはまだ時間があるし何か食べようと空港内のレストランをうろうろした。今回で何回松山に来た事か。ざっと8回位だろうか!空港のレストランも大体は把握している
「そうだ、四国だからうどんを食べよう」などと思い、そば屋に入ろう物なら大変だ。信州そば!なんでやねん?表に申し訳なさそうに「うどんも出来ます。さぬき風」と書いてある。風?これでいいのか!この店は前に入った事があるから...今日は止めよう。
エビチリ定食かー、チャンポンメンかー、うーんどうしようとぶらぶらしていると、パッと目に付いたのが「伊予さつま」の定食。これは初めて聞くし食べた事がない。これだ!私が求めていたものは!深く考えもせずにレストランに入る。程なくして運ばれて来た。あれ?さつまというからさつまいもをすってとろろの様になってると見えた物が...あれ?飲んでみると偉く濃い味!しょぉぉぉぱい!おかしいな。考えながら、枝豆の入った天麩羅を食べる。これはきっと食べ方があるんだ。「すみませーん。初めて食べるんですけど食べ方があるんですか?」「はい」とすぐ飛んで来てくれた。「この汁をご飯にかけて召し上がって下さい」「あーかけるんですか。成る程ね。で、これは元はなんですか?」「はっ?」「この素材はなんですか?」と聞いたら、やっと解ってくれたらしく、一言「味噌です」
 味噌?なんだ味噌か!まぁ確かに超濃い味噌汁だ。あれ?さつまって何の事?さつまいもは関係ないんだ。
 教わった通りにその汁を麦飯にかけて食べた。うーん?こんにゃくしか浮いてないこの汁、どうなんだろう?不味くはないけど工夫はないものか!しかしこの汁自体が工夫されている汁らしいのだが!
 未だにフニオチナイ!コンドキイテミヨウ!
 最後の最後で宿題を出された形で終わった松山だ。
 よし、明日は今回の松山を振り返ろう。おやすみなさい!
[PR]
by hinihiniaji | 2004-11-04 00:21 |