カテゴリ:講談( 64 )

2017年も宜しくお願いします!

b0008478_09030666.jpg
b0008478_09184807.jpg
 すっかり年が明けて、皆様は通常モードでしょうか?
今年の昌味は、ゆっくり目のスタートです。今年も頑張らせていただきます。
 お仕事くださ~~い。宜しくお願い致します。

 パソコンで、楽天市場のポイント稼ぎ、「楽天ウェブ検索利用でポイント+0.5倍」をコツコツとしていたところ、神田昌味を検索すると、懐かしい神立商工会でのお仕事の様子が写真でアップされていましたので、載せさせていただきます。鎌倉~の列車の中でのゆらゆら揺れながらの講談会です。この日は、忠臣蔵名場面集!楽しかったなぁ!

だいぶ前ですが、気が付くのがエラク遅いですが(;^ω^)

落語家は三遊亭 小笑さん、太神楽は鏡味 初音さんです。


[PR]
by hinihiniaji | 2017-01-18 09:16 | 講談

旭泉さん

b0008478_22105267.jpg

こんなにも似た者同士だな〜と思える人に会った事がない、そう思える人。田中旭泉さん。琵琶奏者だ。
人間国宝のお弟子さんで、たくさんの賞を取られて、順風満帆、ひたすらに芸道まっしぐら!
ところが10年前、京都から岐阜県の八百津町にやって来た。
私昌味も時期同じくして、東京から岐阜県恵那市へやって来た。
田舎での日々の生活、子育て、分かりあえるお坊さんの奥さんと陶芸家の妻、二人は昨年出会った。

本当に分かりあえるのです。鼻高々とやっていた都会での生活から一転して、あぁ本当にありがたいと思える今の生活。
やりたくても思うようにやれない子育て時代。

二人でコラボする桃太郎のお稽古を終えて、泣いてしまった昨年。

本当に素敵な出会いをありがとう\(^o^)/

昨日は昨年のご縁がつながり、名古屋でお仕事をご一緒させて頂きました。
名古屋市立女子短期大学OGの皆様、お招きありがとうございました。
毎年同窓会をされていて、素敵ですね!これが人生の潤いなんだなぁ。うらやましい限りでした。縁の下で支えていらっしゃる会長様始め、役員の皆様、楽しく、美味しいひとときを頂き、感謝です。

マリオットホテルの皆様気持ち良くお世話になりました。ありがとうございました。
[PR]
by hinihiniaji | 2012-07-02 22:10 | 講談

昌美昌味味見

b0008478_1518022.jpg

私の名前は神田昌味。
昌味ちゃんと言われるのが1番しっくりくる。昌味さんだと、私、そんなに落ち着いて来たかな〜と心配になる。そう、年を重ねているのに、なかなか落ち着かなかった私。でも、最近少し落ち着いて来た気がしている。

今、芸人でいる時間より、主婦でいる時間が長いからかな。そりゃ母として、浮かれポンチでは過ごして行けないしねっ!

神田昌味。これは、講談師としての名前、芸名だけど、この名前が一番私らしくいられる。金子昌江の時も、小川昌江となって10年目の今でも、なんだか私ではない。本当ごめんなさいお父さんお母さん。本当ごめんなさい旦那様に、小川家のお父さんお母さんに小川家の皆さん。

だけど、この湧き出る感情はどうしても変わらないし、変えようが無いのだ。

ずっとそう思っていたら、親しい方が実は占い師と知って、早速占って頂いたら、私の思い、私の感覚をズバリ言い当てて、それでいい、それが昌味ちゃんらしいと言ってくれたので、ホッとしています。

我が家のみんなにまぁちゃんと言われ、うれしいし、ママ友に昌江ちゃんと言われ、親しくなれてうれしい。

だけどやっぱり私は昌味。神田昌味なんだ。神田昌味になる為に生まれて来たんだ。そう思っています。

「ホントはねっ、昌味ちゃんは山の中で暮らすような人では無いの。都会の雑踏の中で颯爽と歩いている人なの。」

そう言われました。確かに都会は何でもあって、見る物聞く物何でも芸の肥やしになって、ガンガン芸人稼業まっしぐら!と言う気がします。

でも、この情報があふれている今、目新しい情報など講談師からは求められていないと思っています。ただ純粋に伝えたい話を皆様に伝える。ただ思いの丈を話芸として客席へぶつける。世界情勢も日本の政治も最近の事件もな〜んも知らない、新聞無しテレビ無しの生活だけれど、それでいい。それがいい。この暮らし、この山暮らし、毎日鳥の声で目覚められるこの山の中。
ここで生きて、古き良き日本のお話を伝えて行きたいな。

愛知県春日井市に初めて行ったら、味美駅があってびっくり!たまに、あじみちゃんと言われてしまう事があったので、他人と思えないので、パシャりました。
入門当初は昌美、今は昌味、たまに、味美?
[PR]
by hinihiniaji | 2012-06-27 15:18 | 講談

スカイツリーと4番目

b0008478_12392831.jpg

こんにちは!
これから講談頑張って来ます。今日はこれから、東日本橋にある薬研堀不動院で奉納講談会です。薬研堀不動院には、張扇の供養塔もあり、講談にとっても縁のある所です。

母に4番目男子を預ける為、浅草電話待ち合わせ。せっかくなので、入場するチケットは7月まで予約がいっぱいだと言うスカイツリーと4番目男子を写真に納めました。

1歳5ヶ月となった次男は、たくましく歩いています。ばあばと隅田川沿いで仲良く遊んでいてねっ!
[PR]
by hinihiniaji | 2012-05-28 12:39 | 講談

天下たい平

b0008478_21077.jpg

新年あけましておめでとうございます。
本年も赤子背負って頑張ります。よろしくお願いします。

今年は、天下泰平、安穏を願って!笑ってニッポン再生!を祈念致します。

私に出来る事、未来のニッポン男子、ニッポン女子を育てる事。
私に出来る事、講談で元気をパーンと振りまく事。
私に出来る事、古き良きニッポンの魂をお伝えする講談をお届けする事。

今年も鼻うがい頑張りますよ〜

みなさま、仕事下さいねっ!

写真は、恵那市民文化センターにて、今をときめくたい平師匠に頂いた、子供達へのお土産、「楽屋のお菓子詰め合わせセット」です。そして、ペコちゃんは、太神楽のさわやかプリンセス小雪さんに頂いたもの。ちゃんと4人分!

ありがとうございました〜
[PR]
by hinihiniaji | 2012-01-03 02:10 | 講談

あんじゃない2011

b0008478_13562718.png

3年連続で講談を依頼されている恵那市の社会福祉協議会東野支部。粋な世界では、2度目は「裏を返す」3度目は「なじみになる」と言って、この3度目というのにあやかって、講談会が3度続くとうれしくなる。
昨日はその、3回目の講談会があった。毎年だと、待ってて下さる方、声をかけて下さる方がいらして、有難い。
ある方は、去年の話を覚えていて下さって、「曽呂利のような子が生まれましたかな?」と聞かれた。そう、去年の講談は、秀吉と曽呂利新左衛門の話だった。「え?曽呂利?」ちょっと面食らったけど、「あっ、はいはい、曽呂利のような男の子が生まれました〜」と答えた私。
秀吉のような、じゃなくて、曽呂利のような子が、と言ってくれた事が、とってもうれしかった。曽呂利のように、知恵とトンチの効いた子になってくれたら、益々毎日を楽しく過ごせるなぁと、なるほどなるほどと思った私!
昨年初めて手にした「あんじゃないタオル」今年も振興事務所の方が用意して下さっていました。今年のカラーは紺色。
去年はあんじゃないタオルをお守りに無事にお産する事が出来たけど、さて、今回は...どうしよう?「あんじゃない」という言葉がお産にぴったりと思って、欲しかった所、それを知った東野振興事務所の方が下さった、1年前を思い出す。今年は...あんじゃないあんじゃない!そうだ!あんじゃないあんじゃない!仕事で使おう!あんじゃないあんじゃない!唱えるとなんだかどんどん講談依頼の連絡がありそう!
まずは、楽屋で使ってみました。髪を結う時に便利に使えました。
ありがとうございました!
[PR]
by hinihiniaji | 2011-11-21 13:56 | 講談

あんじゃないタオル

 昨日は、妊婦講談師昌味の最後のお仕事でした。2010年11月23日。所は恵那市東野公民館。これで、人生の中での妊婦生活も最後かと...うん...長い期間、子作り、妊婦、出産、子育て、子作り、妊婦、出産、子育て...ずーっと繰り返し、かれこれ7年間。いや、まだ現在進行形。ずーっと断酒生活。
 いや~昨日は流石に妊婦de講談師ラスト!
 で?不思議と?旦那様がお酒を飲み始めるのを見た途端、「1杯飲みたーい」と叫んだ昌味でした。「そういえば中津川の善昌寺さんからもらったいいワインあるよ」と、つぶやいた旦那様でしたが、そのいいワインとやらの栓は開かれる事、いや、ワインがテーブルに運ばれて来ることもありませんでした。でも、勧められたら飲んじゃったな~昨日は!
 昨日、楽屋で支度をしていると、東野振興事務所の川上さんが「忘れないうちに...」と言って持って来て下さったのを見て大騒ぎ!!ナント念願の「あんじゃんないタオル」
 前回の出産は平成20年4月。さぁそろそろ岩村にあるうどん処みつばに行って、買おうかな~と、思っていた矢先、思いのほか早い1か月前の出産となり、念願のあんじゃないタオルを握りしめという、私の夢がお預けになったのでした。さっさと用意すれば良かったのに...もう一人の昌味が思った訳です。
 そんな話をこのブログで書いたのを見付けて下さったのが、東野の振興事務所の川上さん。ナント念願のあんじゃないタオルを用意して下さっていたのでした~~~もしや私物?と思って聞いてみると、振興事務所で用意して下さったという事でした。感謝感謝です。本当に本当にありがとうございました。私のラッキーカラーの緑色でうれしいうれしい本当にうれしい!
 あんじゃないタオルをお守りにして陣痛に耐えます~~
b0008478_11144938.jpg


 「あんじゃない」を発音する時は「あんじゃあない」になります。大丈夫、心配ない、問題ない、そんなニュアンス。

 私は本当に欲しい物がふっと手に入るのでうれしくなります。本当に買いに行こうとしていた矢先の出来事でした。この前も、アイシャドー欲しいなぁと思っていたらみかりんがプレゼントしてくれたし。そうそう、毎朝食べる果物を切らしてしまったので、昨日は果物買いに行こうとしていたら、講談終了後、東野の千藤さんから、自家製のぶどうを頂いてしまったし。あ~アリガタヤありがたや!

 これが見納め、妊婦の昌味で~す!
b0008478_1116274.jpg
b0008478_11165618.jpg

[PR]
by hinihiniaji | 2010-11-24 11:17 | 講談

大阪4日間さようなら

b0008478_1729843.jpg

 米ディナンバー1の裏庭にそびえ立つ大木、楠よさようなら!
 夢KANさんの記念撮影様看板よさようなら!
 阿倍清明様ごきげんよう!
 ふくらすずめの火鉢よさようなら!
 泉ヶ丘の町並みよさようなら!
 境の古墳、千利休の茶室またいつか!
 モーツァルトサロンよ近いうちに呼んでね!
 彩さんで売っていたがまぐちよ、買おうかなーと思いながら、すっかり忘れました。
 築170年の土塔庵よありがとう!古い家と聞いていたので、さぞかしトイレはポットンかと思いきや、近代的なウォシュレット付きトイレでした。ありがとう!
 土塔庵寄席夢先案内人卓道さま、上方講談会を背負って立つ南陽さま、未来の大看板八斗さま、良き出会いに感謝です。ありがとうございました。まだまだ話し足りない楽屋話でした。帰らなくちゃならないのが、寂しい昌味でございます。またの機会にーー!
 大阪の皆様ありがとう!名古屋駅に着きましたー!
[PR]
by hinihiniaji | 2010-05-08 17:29 | 講談

My手拭い

b0008478_12345786.jpg

 初の所には初の物がいいかと思い、「笑ひめ講談会」で初下ろしした私、昌味の名前入り手拭い。今年の色は藍色でお願いしました。
 早稲田にある手拭い屋さん、通称ゆたかは、昔、寄席を経営していました。今は佐藤染業といいます。手拭いは、師匠二代目山陽がここで作っていたので、私も茜お姉さんに連れて行って貰って以来、今までずーっとゆたかです。
 唐草模様が大好きなので...と言ったら、社長さんが、「全部唐草より白い部分があった方がいいでしょう」と、不思議なタコの様に絡み付きそうなデザインをして下さいました。何しろ、ベタより余白があった方が、お値段が安かった!
 毎年色を変えていますが、最近はラッキーカラーの紫、青、緑、といったカラーをローテーションしているな。過去にはワインレッドや黄色も作っていますが。
 毎年、ご挨拶回りで「本年もよろしくお願いします」と言って配る物なのだが、初席で新しい手拭いを下ろすのが恒例だった。しかし、何故か今年は自分の手拭いを下ろさなかった。不思議と私は調度いい感じで時を向かえるのだ。それが、「笑ひめ講談会」。この初のイベントで初下ろし。そして、お客様へもおすそ分けです!終演後、講談クイズを出し、正解者にプレゼントしました!
 「赤穂の浪士は何人で吉良邸に討ち入ったか?」
「よんじゅうしちにん」
「惜しい!」
「しじゅうしち」←と言って欲しかったーなどなど、(笑)楽しいひと時でした。
 当たったみなさん、大事にしないで使って下さーい!日に日に味が出ると書いて昌味の宣伝もお忘れなくねっ!
[PR]
by hinihiniaji | 2010-03-21 12:34 | 講談

笑ひめ講談会ご報告

 笑ひめファンの皆様お待たせしました~~~
 3月14日(日)に行われた、あったか台所「笑ひめ」の初イベント「神田昌味講談会」満員の大盛況で、あちらこちらでたくさんの笑顔が見受けられました。昌味も女将のみかりんもほっと胸をなで下ろしております。たくさんお方々のご来場、本当にありがとうございました。
 
 普段は撮られる側の昌味でありますが、この日は高座から皆様をお取り致しました~。こんな感じ↓
b0008478_17243786.jpg
b0008478_17251961.jpg


 この日はホワイトデー...いやいや、美白の日...いやいや浅野内匠守のご命日であり、忠臣蔵のお話から始まり、四十七士の言い立て(47人の浪士の名前を言う)をさっくりとやらせて頂きました。そして、お花見シーズンへとなるこの季節は、「秋色桜」という、お秋ちゃんという女の子が俳諧を習って出世、親孝行をして行くという、おめでたいお話。1時間たっぷりやらせて頂きまいた。
 途中、ご来場のかわい子ちゃんがぐずってしまったりして、皆様にはご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ありませんでした。私が大丈夫だと思ってしまった為の結果です。女将とも反省し、今後は、講談や落語などの話芸は、皆様により良く聞いて頂くために、配慮をして行きたいと思いました。どうか、お許し下さいませ。

 
b0008478_17214256.jpg
左が女将、真ん中はお手伝いの若菜ちゃん、そして、お腹ぺこぺこの昌味です。
 皆様ありがとうございました。
[PR]
by hinihiniaji | 2010-03-20 17:21 | 講談